東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

わくわくバックナンバー

第1回:11ぴきのねこ

4歳児(わくわく) 4月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …なぜ夜の間に魚が骨になってしまったのだと思いますか。自分の考えをみんなにお話ししましょう。
・活動2:  …魚に色を塗り、クリップをつけて魚釣りをしましょう。
釣竿(紐)を持ち帰るのでお家でも魚釣りをしましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は「11ぴきのねこ」です。11匹ののらねこたちが力を合わせてさまざなまな困難を乗り越え、怪物の魚をつかまえる冒険物語です。ページをめくるたびに場面がかわり、子どもたちを最後までハラハラドキドキさせ飽きることがありません。つかまえた大きな魚を食べないという約束を破り、ねこたち全員がおなかいっぱいに食べてタヌキのおなかになっている場面がとても楽しく、何度も繰り返し読みたくなりますね。あえてむしゃむしゃと魚を食べているシーンが描かれていないことで、子どもたちの想像力をかきたてます。
今回の活動では絵のないページを想像し、自分の感じたことをコトバでお話する活動を取り入れました。「11ぴきのねこ」シリーズは大変好評で、他にも何冊か出版されています。子どもたちが絵本好きになる最大のきっかけは「面白い!」「また読みたい!」と思える絵本と出会うことです。そういった意味では、この「11ぴきのねこ」シリーズは大変おすすめの絵本です。

今週の絵本

「11ぴきのねこ」
こぐま社

馬場 のぼる / 作・絵

第2回:おまたせクッキー

4歳児(わくわく) 4月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1~3…クッキー(シール)をお皿に同じ数ずつ分けましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、「おまたせクッキー」です。「ロージーのおさんぽ」や「ティッチ」でお馴染みのパット・ハッチンスの作品です。おやつに12枚のクッキーを仲良く2人で分けて食べようとしたきょうだい。6枚ずつ食べられるはずが、思わぬ友だちの訪問で4人で分けることに…。そのあとも次々に友だちがやってきて、6人で2枚ずつ…とうとう1人1枚ずつになってしまいます。そしてまた「ピンポーン♪」ドキドキハラハラしながらもドアを開けるとそこにはクッキーをたくさん持ったおばあちゃんが…。今日の活動の中でも分けっこ行いました。ご家庭でも、ぜひ身の回りのものを使ってさまざまな「分けっこ」を楽しんでみてください。

今週の絵本

「おまたせクッキー」
偕成社

パット・ハッチンス / 作
乾 侑美子     / 訳

第3回:ぞうのエルマー

4歳児(わくわく) 4月期 第3回

学習タイム

・活動1:  …エルマーはどんなゾウですか。映像を見ながら、ストーリーを思い出してエルマーの特徴をお話ししましょう。
・活動2:P1…同じ動物同士を鉛筆でまっすぐな線を書いて結びましょう。
・活動3:P2…ゾウにいろいろな模様を描きましょう。(お話に出てきた「エルマーの日」のゾウを思い出して好きな模様を描く。)描けたら1人ずつ前に出て、どんな模様を描いたか発表しましょう。

おうちの方へ

今週の絵本はイギリスの作家デビッド・マッキーの作品「ぞうのエルマー」です。この絵本は、世界20カ国以上で出版され、世界中の子どもたちに愛されている人気の絵本です。主人公のエルマーは赤や黄色、白やピンクなどさまざまな色がパッチワークのようになったカラフルな体をしています。そして、性格も明るくいつもまわりの動物たちを楽しませるジャングルの人気者。仲間たちはみんなエルマーのことが大好きです。でも、そんなエルマーも自分だけまわりと体の色が違うことに悩み、何とか工夫をこらして同じになろうと試みます…。でも、たくさんの仲間に囲まれて過ごす中で、エルマーの底抜けに明るい性格が「みんなと違う」ことを悩むのではなく、「みんなと違う」ことをお祝いするパレードへと発展していきます。
カラフルに彩られたたくさんのゾウたちの楽しそうな場面でお話が締めくくられ、何とも温かい気持ちになる素敵なお話です。

今週の絵本

「ぞうのエルマー」
BL出版

デビッド・マッキー / 作・絵
きたむら さとし  / 訳

第4回:くいしんぼうのはなこさん

4歳児(わくわく) 5月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …絵本(カボチャを食べようとしている場面)を見て、はなこさんはカボチャを1人で食べてしまいましたが、本当はどうすれば良かったと思いますか。自分の考えをお話ししましょう。
・活動2:P1…折り紙をちぎってはなこさんを作りましょう。
・活動3:P2…牧場にいるウシたちを同じ数ずつ小屋に入れるには、何頭ずつ入れればよいですか。小屋の中にその数だけおはじきをおきましょう。
・数チャレ: …5個おはじきを取りましょう。

おうちの方へ

干草はいや!トウモロコシの粉もいや!クローバーがほしい!というように、とてもわがままに育ってしまった子牛のはなこ。ある日のこと、みんなの食べ物を独り占めして食べすぎてしまい、おなかが破裂寸前! 牧場の牛たちは大騒ぎ。たくさんの人たちや獣医さんもかけつけて、大きな注射をプスリ!「1人で欲張ると良くない」「お友だちのことも考えてあげる」ことを自然に伝えることができるお話です。何でも独り占めしたくなるところなどは、子どもたちにも思い当たるふしがあり、はなこさんの一大事にどきどきしながらお話を聞いていたのではないでしょうか。

今週の絵本

「くいしんぼうのはなこさん」こぐま社

いしい ももこ  / 文
なかたに ちよこ / 絵


第5回:じぶんだけの いろ

4歳児(わくわく) 5月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1~3…クッキー(シール)をお皿に同じ数ずつ分けましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、「おまたせクッキー」です。「ロージーのおさんぽ」や「ティッチ」でお馴染みのパット・ハッチンスの作品です。おやつに12枚のクッキーを仲良く2人で分けて食べようとしたきょうだい。6枚ずつ食べられるはずが、思わぬ友だちの訪問で4人で分けることに…。そのあとも次々に友だちがやってきて、6人で2枚ずつ…とうとう1人1枚ずつになってしまいます。そしてまた「ピンポーン♪」ドキドキハラハラしながらもドアを開けるとそこにはクッキーをたくさん持ったおばあちゃんが…。今日の活動の中でも分けっこ行いました。ご家庭でも、ぜひ身の回りのものを使ってさまざまな「分けっこ」を楽しんでみてください。

今週の絵本

「じぶんだけの いろ」好学社

レオ=レオニ / 作・絵
谷川 俊太郎 / 訳


第6回:三びきのやぎの がらがらどん

4歳児(わくわく) 5月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…3匹のがらがらどんが橋を渡った順番にカードを貼りましょう。
・活動2:P2…がらがらどんが橋を渡れるように線でつなぎましょう。
・活動3:  …はさみを使って線の通りに四角のうずまき線を切りましょう。
・数チャレ: …5個おはじきを取りましょう。

おうちの方へ

北欧民話(昔話)として日本でもよく読まれているこの絵本は、タイトルの通り、3匹の大中小のヤギが登場するお話。、名前はみんな「がらがらどん」ある日、美味しい草を食べて太ろうと、山に3匹で向かいます。ところが、途中にある橋で怖いトロルに出会ってしまいます。どうしても橋を渡りたい3匹は、どうやって橋を渡ろうか知恵をしぼって考えます。最後には見事1番大きいがらがらどんがトロルをやっつけます。画面いっぱいに大胆に描かれている迫力のある絵と、リズミカルで簡潔なストーリーが魅力で、何度でも読みたくなる子どもに大人気の1冊です。

今週の絵本

「三びきのやぎの がらがらどん」福音館書店

マーシャ・ブラウン / 絵
せた ていじ    / 訳

第7回:3じの おちゃに きてください

4歳児(わくわく) 6月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…それぞれの動物が持っていたものはどれですか。お話を思い出して線で結びましょう。
・活動2:P2…前から○番目後ろから○番目にシールを貼りましょう。
・活動3:P3…女の子はどのお店に向かっていますか。先生のお話を聞いて女の子カードを動かしましょう
・数にチャレンジ …今回の数チャレは活動②での実施となります。

おうちの方へ

小川を流れる笹舟に「3じのおちゃかい」の招待状が…。このシチュエーションだけでも子どもたちはわくわくドキドキ。主人公のまりちゃんが、地図をたよりに進んで行くと、次々にお友だちに出会い、仲間が増えていきます。お友だちが持つ荷物には、実は1つ1つにケーキの材料が…様々な問題に会いながら最後はみんなの材料でケーキを作る物語。このほか、小川のほとりに咲いている様々な春を感じさせる花や、地図・行列など、子どもたちに体験して欲しい内容がたくさん描かれています。今はカーナビなどで目的地までたどりつくことができる時代ですが、地図を見る力は「空間認識力」を高め、物の位置・方向・大きさ・形状・間隔などを正確に素早く認識する力につながります。是非、電車に乗るときに路線図を一緒に見たり、スーパーなどで案内図を見て、目的地まで子どもと一緒に向かうなど、体験してみてください。

今週の絵本

「3じの おちゃに きてください」
福音館書店

こだま ともこ/作
なかのひろたか/絵

第8回:しっぽの はたらき

4歳児(わくわく) 6月期 第2回

学習タイム

・活動1:  …しっぽのはたらきについて考えましょう。
・活動2:P1…だれのしっぽですか。動物の顔としっぽを線で結びましょう。
・活動3:  …いろいろな材料を使い自分だけのしっぽを作りましょう。
・数にチャレンジ …7:5で多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

しっぽがある動物がたくさん登場し、その役目について詳しく説明してくれています。例えば、クモザルのしっぽは、枝をしっかりとつかんで手のような働きをしたり、イヌのしっぽは自分の気持ち(嬉しいときはしっぽを振り、こわいときは後ろ足の間にしっぽを入れてしまうなど)を表したりします。絵の描写も、毛並みまで細かく描かれており、写真で見ているかのようにリアルです。また、この絵本は表現、構成が素晴らしく、右ページに動物のしっぽが描かれ、ページをめくる前に「何の動物だろう…」と想像力をかきたてます。是非、ページをめくったあとも何度か前のページ(しっぽの描かれているページ)に戻って、動物の全体をイメージしながら読んでみてください。

今週の絵本

「しっぽの はたらき」
福音館書店

川田健/文
薮内正幸/絵

第9回:ひとあし ひとあし

4歳児(わくわく) 6月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…いろいろな測る道具があります。それぞれの道具は何を測るときに使うのかお話ししましょう。
・活動2:  …「何でも測れるものさし作り」をしましょう。点線を山折り・谷折りで交互に折りましょう。
・活動3   …「何でも測れるものさし」を使って身の回りのものを測りましょう。クレヨン・机・積み木など、お部屋にあるものを測りましょう。
・数にチャレンシ …7:6で多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

お話の主人公は「しゃくとりむし」。小さいけれど、知恵を働かせ、たくましく生き抜いていきます。ある日、はらぺこのこまどりがしゃくとりむしをみつけ、食べようとしました。すると「たべないでくれよ。ぼくはしゃくとりむしだ。べんりなんだよ。ぼくいろんなものの長さを測るんだ」と知恵を働かせます。こまどりのしっぽ・フラミンゴの首・おおはしのくちばしなどの長さを測り、最後は何故か、ナイチンゲールの「歌」を測ることに…そおっと「ひとあし ひとあし」ナイチンゲールから遠ざかっていなくなるところでお話が終わります。今回は、お話にちなんで子どもたちと一緒に身近なものの長さを「測る」活動を行いました。定規を使って測るのも良いですが、今回のようにオリジナル物差しで「しゃくとりむし○匹分」と測ったり、親指と人差し指を広げて「1・2・3…」と測ったり、両足を思い切り広げて、「大股○歩」と測ったり…定規はなくてもいろいろな方法があることに気がついてくれたら良いですね。

今週の絵本

「ひとあし ひとあし」
好学社

レオ=レオニ/作
谷川俊太郎/訳

第10回:スイミー

4歳児(わくわく) 7月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…自分で考えた法則性でおはじきを並べましょう。
・活動2:P2…法則性で魚を海中にはり泳がせましょう。
・数にチャレンジ …7対6どちらが多い?多い方を指でさしましょう。

おうちの方へ

オランダ出身の絵本作家「レオ=レオニ」の作品で、長い間世界中の子どもたちに愛されている絵本です。日本では小学校の教科書にも掲載されています。版画の手法を駆使した透明感あるイラストで描かれている海の様子や「虹色のゼリーのような…」「ドロップみたいな…」とイメージが広がる美しい文章も魅力です。このお話は読み聞かせをするなら3歳くらいから楽しめる1冊ですが、「みんなで協力し、力を合わせれば大きな力になる」という作者からのメッセージを十分理解するには、この年齢が最適なのではないでしょうか。

今週の絵本

「スイミー」
好学社

レオ=レオニ/作
谷川俊太郎/訳

第11回:めっきらもっきら どおん どん

4歳児(わくわく) 7月期 第2回

学習タイム

・活動1:  …先生の言うコトバを繰り返して言いましょう。
※「リンゴ・バナナ・ブドウ」「ぶらんこ・すべりだい・てつぼう」
「ウマ・ゾウ・コアラ」「4・6・2・5・8」「たなからぼたもち」
「うまのみみにねんぶつ」「めっきらもっきらどおんどん」
「ぱらりんぽろりんびゅーんびゅん」など。
・活動2:P1…先生のお話をよく聞き、魔法の水晶玉を見つけて、○をつけましょう。

おうちの方へ

リズムのよい文章とワクワクするストーリー展開が魅力の1冊です。妖怪と聞くと「怖さ」を想像してしまいますが、この絵本に出てくる妖怪たちは個性的で愛嬌があり、思わず「こんな妖怪たちなら会ってみたいな」と思わせてくれる存在です。海が見える不思議な水晶玉、おもちのなる木、どれもこれも魅力的で子どもたちの想像力もふくらみます。実在しないものや普段目に触れることのなものに出会い、ドキドキワクワクできるのも絵本の最大の魅力ですね。長谷川摂子・作 ふりやなな・画の作品は、他にも「きょだいな きょだいな」「おっきょちゃん と かっぱ」「たあんきぽおんき たんころりん」などがあります。その不思議な名前の付け方も魅力の一つなのかもしれませんね。

今週の絵本

「めっきらもっきら どおん どん」
福音館書店

長谷川節子/作
不利や七/画

第12回:くまくんと6ぴきのしろいねずみ

4歳児(わくわく) 7月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…鳥の仲間を探して○をつけましょう。
・活動2:  …折り尺作りをしましょう。ヘビの頭カードの線の部分をハサミで切りましょう。次に、割り鋲を使って紙帯をつなぎ、折り尺を作りましょう。長くつなげたらいろいろな形を作って遊びましょう。
・数にチャレンジ …7対6どちらが多い?

おうちの方へ

これは動物を題材にした作品を多く残す作者クリス・ウォーメル2011年の作品です。何と今回の主人公はぬいぐるみのクマ。お散歩していて森で6匹のネズミと出会うところからお話が始まります。他の動物に狙われるネズミたちを守るために力ではなく知恵で敵を追い払うストーリーのこの絵本。言葉の意味が理解できるこの年齢の子どもたちにぴったりの1冊なのではないでしょうか。最後のシーンの3匹の絵は描写が細かくイラストも大迫力で、思わず引きこまれてしまいます。この迫力あるいきいきと描かれたページを見て、それぞれの獲物を狙う表情を「こわい」と感じたとき、「じーっとこっちを見ている目がこわい」「口が大きくて食べられてしまいそうだからこわい」など、具体的にお話ができるとすばらしいですね。

今週の絵本

「くまくんと6ぴきのしろいねずみ」
徳間書店

クリス・ウォーメル/作絵
吉上恭太/訳

第13回:くわがたのがたくん

4歳児(わくわく) 8月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…「クワガタ」は何を食べますか。合う絵を選んで〇をつけましょう。
・活動2:  …クワガタをハサミで切り、トントン相撲をしましょう。
・数にチャレンジ …おはじきを使い5個の操作をしましょう。

おうちの方へ

夏の時期に相応しい、子どもたちの大好きな「クワガタ」の絵本です。この絵本は農学博士の高家博成先生が描かれた絵本です。お話の中には色々な種類の「クワガタ」が出てきて、愉快に力比べをしています。また、木の皮の下に住んでいることや、夜になったら動き出すこと、ブラシのような口で蜜(樹液)を飲むことなどがユニークな表現で描かれています。あとがきの「クワガタムシはおこりむし」の文章の中でも「クワガタ」について詳しく解説されています。是非子どもたちにわかりやすいコトバで教えてあげてください。

今週の絵本

「くわがたのがたくん」
童心社

高家博成・仲川道子/作

第14回:わんぱくだんのたからじま

4歳児(わくわく) 8月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1 …お話を思い出して質問に答えましょう。
・活動2:P2 …いろいろな色を混ぜて魔法のビー玉を描きましょう。
・活動3:   …宝箱の鍵をハサミで切って作りましょう。
・数にチャレンジ  …おはじきを使い5個の操作をしましょう。

おうちの方へ

この絵本は、4~5歳の子どもたちに大変人気のあるシリーズの中の1冊です。ビー玉の魔法の力で、子どもたちが海賊になり、海賊船で海を渡り、怪獣と戦います。無人島でのジャングル探検など、お話の中に出てくるものすべてが冒険心にあふれ、ドキドキワクワクの連続です。お話を読んで、子どもたちの心の中が冒険心でいっぱいになったところで、「まほうのビー玉」をイメージしてたくさんの色を混ぜて素敵なビー玉を描いたりします。「わんぱくだん」シリーズは、他にも出版されているので、お子さんの興味に応じてご家庭でも読んであげてください。

今週の絵本

「わんぱくだんのたからじま」
ひさかたチャイルド

ゆきのゆみこ・上野与志/作
末崎茂樹/絵

第15回:およぐ

4歳児(わくわく) 8月期 第3回

学習タイム

・活動1:   …水に浮くものと沈むものの実験をしましょう。水を入れたバケツに具体物を入れ、浮くか沈むか実験をしましょう。
・活動2:P1 …水に浮くものはどれでしょう。また、水に沈むものはどれでしょう。浮くものには〇、沈むものには×をつけましょう。
・活動3: …みんなで泳ぐ真似(即応動作)をしましょう。犬かき、平泳ぎ、クロールなどの真似をして身体を動かしましょう。また、何秒息が止められるか「よーいどん」の合図でみんなで競争しましょう。
・数にチャレンジ  …おはじきを使い5個の操作をしましょう。

おうちの方へ

「動物や人間は何故泳げるの?」という問いかけに「体の中に浮き袋の役割をするものをもっていて、風船が水に浮かぶのと同じように水に浮く」ということをわかりやすいイラストと共に説明してくれています。泳ぐってどんなことなのか、体のしくみと共にわかりやすく描かれているお勧めの1冊です。「コトバの森」では幾度かに渡り、今回のような自然・科学絵本を取り入れていく予定です。自分の身体のこと、地球に存在している生き物のこと、自然のこと…。絵本をきっかけに身のまわりのさまざまなものなどに興味を持ち、視野が広がっていくことが目的です。物語の絵本も良いですが、時にはご家庭でも自然科学絵本を読んであげることをお勧めします。

今週の絵本

「およぐ」
福音館書店

なかの ひろたか/作