東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

のびのびバックナンバー

第1回:はなさかじいさん

3歳児(のびのび) 4月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…灰をまいたあとどんな花が咲きましたか。
その花の色で○をつけましょう。
・活動2:P2…「♪枯れ木に花を咲かせましょう」の声に合わせて(ちぎった)おりがみを木に貼りましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は「ここほれワンワン!」でお馴染みの「はなさかじいさん」です。昔話の中でも誰もが一度は読んだことがある、親しみを感じる1冊ではないでしょうか。
昔話は方言を使っていたり、言葉が難しかったり、挿絵に親近感がわかなかったりして、ついつい手に取る機会が少なくなりがちです。しかし、昔話は大人が語り、子どもが聞くことで長い間語り継がれてきました。その中には、子どもたちへの生きる知恵や力がたくさん描かれており、先人たちの思いがたくさん込められています。ぜひ、ご家庭でも昔話を読んであげてください。あまり昔話に興味を持たないお子さんには、子どもに伝わりやすいコトバで表現してある絵本や、挿絵が優しいタッチで描かれている絵本を選んで読んであげることをおすすめします。

今週の絵本

「はなさかじいさん」
金の星社

いもと ようこ / 文・絵

第2回:ぼく、だんごむし

3歳児(のびのび) 4月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…ダンゴムシはどこにすんでいましたか?ダンゴムシが好きな場所を思い出して返してあげましょう。
・活動2:  …ダンゴムシを作って遊びましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、「ぼく、だんごむし」です。この絵本は、主人公のダンゴムシがみんなに語りかけるようにお話が進んでいきます。
ダンゴムシがコンクリートや石を食べること、四角いうんちをすること、実は昆虫ではなくてカニやエビの仲間だということなど、大人でもあまり知らない「ダンゴムシの生態」がこの1冊に入っていて、子どもたちは興味深かったのではないでしょうか。
今度、植木鉢の下からダンゴムシを見つけたときは、短い時間でも子どもと一緒にダンゴムシを観察してみませんか。
この絵本の作者はこの他にも、「ぼく、あぶらぜみ」「わたし、くわがた」「おおかまきりの一生」など、虫をテーマにした絵本を多く出版しています。今回の絵本に興味を持ったお子さんには、他のシリーズもぜひ読んであげてください。

今週の絵本

「ぼく、だんごむし」
福音館書店

得田 之久 / 文
たかはし きよし / 絵

第3回:はるかぜ とぷう

3歳児(のびのび) 4月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…「ぐるぐる」と言いながら、大小のうずまき(つむじかぜ)を描きましょう。
・活動2:  …くるくる紙飛行機をつくりましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、春の季節にぴったりの「はるかぜ とぷう」です。
主人公の「とぷう」は、はるかぜの子。他の仲間たちと一緒に町に出かけ、さわやかな風を呼びこみます。町の人々は「やあ、はるかぜだ」「あたたかくなるぞ」とにこにこ笑顔。
ところが、次に出かけた動物園では、「とぷう」と他の風の子たちがめちゃめちゃのけんかを始めてしまいます。あっという間に、砂ぼこりが舞い上がってつむじ風が起こり、動物園の中は大騒ぎになります。そんな騒ぎを「うおー、うるさいぞ!」と一喝したのが、居眠りライオンです。ページいっぱいに広がるライオンの迫力ある表情と、ちりぢりにまとまって逃げていくはるかぜの子の表情が印象的です。
そよそよとおだやかに吹く春風、砂ぼこりが舞い上がるほど強く吹く春一番。
風が吹いた日には、「とぷうがお友だちと楽しく遊んでいるね。」「大変!とぷうがけんかしちゃっているのかな?」など、お子さんと一緒にさまざまな会話を楽しみながら春の季節を感じてください。

今週の絵本

「はるかぜ とぷう」
福音館書店

小野 かおる / 作・絵

第4回:ガンピーさんのふなあそび

3歳児(のびのび) 5月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …絵本(舟がひっくりかえった場面)を見て、どんな気持ちがしたかみんなでお話しましょう。
・活動2:P1…カードをハサミで切り離しガンピーさんの船に乗せましょう。
・数チャレ: …「くらべっこ!どっちが多い?(5:4)」

おうちの方へ

この絵本は、「おおきなかぶ」や「てぶくろ」のお話のように、仲間が次々と加わるところが魅力のお話で、40年近くに渡って親しまれてきました。動物たちがけんかを始めて舟がひっくり返ってしまう場面が印象に残りますが、舟遊びの経験のない子どもたちにとっては、「舟がひっくり返る」ということは感じにくいかもしれません。今回は、「舟が沈むのではないか…」「舟がひっくり返るのではないか…」という、どきどき感を感じられるようにお話を読み進めました。また同時に、登場人物が水に手を入れ水面をながめたりするほのぼのとした雰囲気も印象的な1冊です。

今週の絵本

「ガンピーさんのふなあそび」
ほるぷ出版

ジョン・バーニンガム / 作
みつよし なつや   / 訳


第5回:ふってきました

3歳児(のびのび) 5月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…「何が降ってくる?」赤いクレヨンを使って○で囲みましょう。
・活動2:  …くるくるリボンを作ってくるくる空から降らせてみましょう。
・数チャレ: …「くらべっこ!どっちが多い?(5:4)」

おうちの方へ

このお話は、空から次々にいろいろな動物が降ってくるという単純なものですが、幼稚園や保育園での読み聞かせでは人気のある1冊です。音をコトバで表現することはなかなか難しく、音の感じ方は人それぞれです。ワニは「どずずん!」、ゾウは、「どかし~ん!」というコトバを使って、空から降ってくる音を表現しています。その音のコトバに強弱をつけたり、ダイナミックに表現することで、子どもたちは聞いているだけで楽しくなります。イヌの鳴き声は、「わんわん」と表現しますが、実際に耳を澄まして聞いてみるとどんな風に聞こえるでしょうか?ぜひ、町の中で聞こえてくる音を「どんな風に聞こえた?」と、お子さんとコトバで表現し合ってみてください。

今週の絵本

「ふってきました」講談社

もとした いづみ / 文
石井 聖岳    / 絵


第6回:そらいろのたね

3歳児(のびのび) 5月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…どんなお家に住みたいですか。素敵なお家を作りましょう。
・活動2:  …手遊び「小さな畑」のリズムに合わせて大きなお家を作って楽しみましょう。
・数チャレ: …「くらべっこ!多い方を取って数を数えましょう」

おうちの方へ

「ぐりとぐら」でもおなじみの、中川李枝子さんと大村百合子さんの作品です。だれもが1度は手にする大人気の絵本作家コンビです。この物語は、「独り占めしないで、みんなと仲良く遊ぼうね」ということを、語りかけてくれるお話です。そして家が生えてくるという発想が、子どもにとってはたまらなく面白いようですが、実は絵をよく見ていると、こっそりとぐりとぐらが登場しています。子どもたちは気づけたでしょうか?絵本に多く触れている子は、発見が早いようです。絵本は何度も読むことで反復され、コトバの意味と使う場面を学習していきます。家庭においても多くの絵本に触れることにより、絵本を子どもの成長におおいに役立てていきましょう。

今週の絵本

「そらいろのたね」福音館書店

なかがわ りえこ / 文
おおむら ゆりこ / 絵