東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

ぐんぐんクラス(5~6歳)

第10回:カエルの目だま

5歳児(ぐんぐん) 7月期 第1回

学習タイム

・活動1:   …それぞれの生き物の目の違いを調べてみましょう。
・活動2:   …お話を聞いて水の中に住んでいる生き物・昆虫の仲間を探しましょう。
・活動3:P1・2…水の中の生き物、昆虫の仲間カードを選んでそれぞれの場所に貼りましょう。
・数にチャレンジ  …10対8どちらが多い?

おうちの方へ

この絵本は動物行動学者の日高敏隆さんが、50年も前に書いた歌物語に、大野八生さんが絵をつけたものです。どの生き物もそれぞれの環境に適した目を持っているということが、小気味良いリズムで綴られ、口に出すとまるで歌のように読むことができます。とてもリズミカルで、音読が楽しい絵本です。そして何より、大野八生さんのきれいな色使いと動物の細部を表した詳しいイラストは、生き物の生態を知るための、自然科学の導入の書としてもすばらしく、絵本は常に子ども側の目線に立ち、大切なことを学ばせてくれます。子どものうちからこのような自然科学にも精通した本に触れ、知識を増やしていくことは、のちの「勉強」の手助けにもなっていくでしょう。

今週の絵本

「カエルの目だま」
福音館書店

日高敏隆/文
大野八生/絵

第11回:アンガスとねこ

5歳児(ぐんぐん) 7月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…アンガスはネコにどこをひっかかれましたか。ばんそうこうシールを貼ってあげましょう。
・活動2:P2…①4日目にアンガスに追いかけられたネコが逃げたところはどこでしたか?○をつけましょう。
②ネコが戻ってきたとき、アンガスはどんな気持ちでしたか。その気持ちの顔に○をつけましょう。
・活動3:P3…見本を見ながらアンガスとネコの顔を折り紙で折りましょう。
・数にチャレンジ …10対8どちらが多い?

おうちの方へ

この絵本はアメリカでは古典絵本として昔から親しまれてきた絵本です。日々何かを学んでいる若い犬アンガスは、自由奔放に動き回るネコの存在が気になって何日も家中を追い駆けまわしますが、どうしても近づくことができません。そんなちゃっかりした子ネコに怒っていたはずなのですが、いざ子ネコの姿が見えなくなると急に「ひとりぼっち」の寂しい気持ちに襲われます。いつのまにか子ネコはアンガスにとって好ましい存在に変わっていたのです。その気持ちの変化に気づいた二人が最後仲良く一つのごはんを食べる場面は、読む者にその気持ちを伝える大切な一場面となっています。これから学校や社会で様々な新しい出会いを経験する子どもたちが、知らない者同士で心の距離を縮めていく過程と、心の移り変わっていく様子をここから感じ取ってくれたらと思います。

今週の絵本

「アンガスとねこ」
福音館書店

マージョリー・フラック/作絵
瀬田貞二/訳

第12回:しあわせの王子

5歳児(ぐんぐん) 7月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…「しあわせの王子」がツバメに運ばせたものはなんですか。その場所にシールを貼りましょう。また、ツバメをハサミで切りのりで貼りましょう。
・活動2:P2…絵の中で、「し」から始まるものはどれですか。○で囲みましょう。そのコトバから、しりとりをして絵をつなぎましょう。
・数にチャレンジ …しりとりがいくつ繋がったか、数えましょう。

おうちの方へ

原作者オスカー・ワイルドは美しい芸術で人間の生活を高めようとする、耽美主義の作家と言われています。「しあわせの王子」は子ども向け短編童話の1つとして書かれ、その後、名作童話になりました。自分の幸福を顧みることなく、多くの気の毒な人たちを助ける優しい王子と、その手伝いをするツバメの美しい精神の物語は、世界中の人に愛され、日本でも多くの人が訳し、出版されてきました。お話の最後は残酷なようでもありますが、世に賛美される人だけがすばらしいのではなく、陰ながら人々の幸せを思い、支えている人がいるということに気づかされると共に、人と人との出会いの大切さを知ることができる1冊です。

今週の絵本

「しあわせの王子」
金の星社

オスカー・ワイルド/原作
いもとようこ/文・絵