東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

ぐんぐんクラス(5~6歳)

第7回:ダンデライオン

5歳児(ぐんぐん) 6月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…先生のお話を聞いて、問題に答えましょう。
・活動2:P2…「ダンデライオン」の制作をしましょう。
①1人10本黄色い紙帯を受け取り、鉛筆に巻きつけ、カールさせる。
②カールした紙帯をライオンのたてがみにのりで貼る。
・数にチャレンジ …10対7どちらが多い?

おうちの方へ

わたしたちの身のまわりには、たくさんの道具があり、いろいろな部品を使って作られているものが多くあります。日常生活の中では「どんな部品で作られているか」など、道具を分解して調べる機会はなかなかありませんが、この絵本の中の一つに、普段子どもたちがよく目にする時計がさまざまな細かい部品で作られていることが紹介されていて、その部品ひとつひとつに意味があることを教えてくれています。もしお子さんが道具に興味を示したら、「ドライバーを使ってネジを外す」などの簡単なことから挑戦させてみてください。きっと知的好奇心の幅が広がりますよ。

今週の絵本

「ダンデライオン」
福音館書店

ドン・フリーマン/作
アーサー・ビナード/訳

第8回:ともだち

5歳児(ぐんぐん) 6月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1  …こんな時、あなたはどうしますか。お話ししましょう。
・活動2:P2  …友だちのサインを(名前・マーク)集めましょう。
・数にチャレンシ:P2 …サインの数を数えて、四角にその数を書きましょう。

おうちの方へ

友だちとの関わりは、生きていく上でとても大切なことです。この絵本では日常で起こるだろう事柄が、谷川俊太郎さんのリズミカルな文章と和田誠さんのシンプルでほのぼのとした絵で、語るように挙げられています。どんな人が友だちか、友だちならどうすべきか、身近なことでもなかなか向き合って話す機会がないものです。立場や状況によっては、友だち同士の問題ではなく、お父さんやお母さんや先生にも伝えることを必要とすることもあるかもしれません。「友だちって何?」「仲良しって何?」と、成長と共に、ご家庭でも友だちについて、いろいろ話し合ってみてください。

今週の絵本

「ともだち」
玉川大学出版部

谷川俊太郎
文・和田誠

第9回:むしばミュータンスのぼうけん

5歳児(ぐんぐん) 6月期 第3回

学習タイム

・活動1:    …ミュータン菌はどのようにして作られていましたか。お話ししましょう。
・活動2:P1  …歯が見える自分の笑顔の絵を描きましょう。
・数にチャレンシ:P2…絵の中の子どもたちは、合わせて何本虫歯がありますか。その数の数字を書きましょう。

おうちの方へ

主人公のむしばミュータンスが、子どもたちに嬉々として虫歯を薦めるという形でお話がすすんでいきます。絵本の楽しそうな雰囲気とは裏腹に、リアルなイラストで虫歯の怖さと歯磨きの大切さを伝えています。だんだんと朽ちていく歯のイラストには背筋が寒くなる思いがします。毎日毎日「歯を磨きなさい」と口をすっぱくして言うよりも、もしかしたらこの絵本を読むほうが効果的かもしれません。お話の中にもあるように、歯の健康は体の健康にも直結しています。治療の技術は日々進歩しているとはいえ、常にきれいな歯が見える笑顔でいたいものです。今回の絵本で歯の大切さに気づき、毎日の手入れに積極的に取り組むようになってくれたならば幸いです。

今週の絵本

「むしばミュータンスのぼうけん」
童心社

かこさとし/作・絵