東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を培う―パレット保育園―
メニュー

ぐんぐんバックナンバー

第1回:せーの ジャンプ!

5歳児(ぐんぐん) 4月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…話の順番を思い出し、鉛筆を使って線で繋ぎましょう。
・活動2:  …1人1つ風船を受け取り、膨らませましょう。

おうちの方へ

作者は幼い頃からの漫画好きが高じて絵本を描くようになりました。そのため、ユーモアたっぷりのストーリーと、CGと水彩がマッチした絵で、躍動感のある斬新な作品が描かれています。絵は、日常で子どもがよくしそうな表情をよく捉えています。また、宇宙まで跳んでしまうジャンプの爽快感がすごいです。お話のテーマとなるジャンプを、いろいろな人や動物が表情と個性豊かに跳んでいる場面は圧巻で、思わず一緒にジャンプをしたくなってしまいます。今回はジャンプや風船を使っての運動を通し、さまざまな肢体の動きを体験しました。体を思いっきり動かすことで、考える力や覚える力、想像する力、表現する力を鍛えていきます。

今週の絵本

「せーの ジャンプ!」
福音館書店

深川直美/作・絵

第2回:どこでおひるねしようかな

5歳児(ぐんぐん) 4月期 第2回

学習タイム

・活動1:  …お部屋の中のひんやりしているところを探したり、いろいろな所を触ってどんな感じがするかお話しましょう。
・活動2:P1…「ひんやり」の意味に相応しいものはどれですか。鉛筆で〇をつけましょう。

おうちの方へ

この絵本は「ぐりとぐら」のシリーズでお馴染みの、岸田衿子と山脇百合子の作品です。0歳児から6歳児までそれぞれの年齢に相応しい読み聞かせができます。そしてどの絵本も、生活に必要な知恵を教えてくれます。今回の絵本では天気の良い日の昼下がりの情景が優しく気持ちよく描かれています。日本語の、自然の心地よさを表すコトバが、五感を通して伝わります。また、登場人物たちがそれぞれの感性で自分に相応しい場所を見つける姿も愉快です。

今週の絵本

「どこでおひるねしようかな」
福音館書店

きしだえりこ/作
やまわきゆりこ/絵

第3回:おまえ うまそうだな

5歳児(ぐんぐん) 4月期 第3回

学習タイム

・活動1:   …映像(絵本)を見ながら、登場した恐竜の名前や気持ち・特徴を話しましょう。
・活動2:P1…恐竜の数を数えて、数字を書きましょう。
・活動3:  …恐竜の背中にクリップをつけて、強くてかっこいい恐竜にしましょう。

おうちの方へ

年長になると、自然や科学的なことがらに興味を持ち始めます。今回の活動では、登場する恐竜の気持ちを考えたり、恐竜の特徴などについても理解を深めます。また、学習タイムでは、お話に登場した恐竜の心情を発表したり、クリップを使い自分なりの恐竜を作ります。宮西達也が描くティラノサウルスシリーズの中でも、1番のお勧めはこの本です。種族の壁を越えて小さき者を慈しみ、悲しいけれど、あえてその子のために別れを告げるティラノサウルスの深い愛情に胸が熱くなります。怖そうな恐竜の絵とは裏腹な、優しい内容に思わず感動してしまう1冊です。

今週の絵本

「おまえ うまそうだな」
ポプラ社

宮西達也/作・絵

第4回:どうぐ

5歳児(ぐんぐん) 5月期 第4回

学習タイム

・活動1:  …どんな時に使う物ですか。どの様に使う物ですか。どこにしまっておきますか。お話しましょう。
・活動2:  …いろいろな道具(ボルトとナットなど)を使って時計を作りましょう。
・数にチャレンジ:…針を動かして時刻を合わせましょう。

おうちの方へ

わたしたちの身のまわりには、たくさんの道具があり、いろいろな部品を使って作られているものが多くあります。
日常生活の中では「どんな部品で作られているか」など、道具を分解して調べる機会はなかなかありませんが、この絵本の中の一つに、普段、子どもたちがよく目にする時計がさまざまな細かい部品で作られていることが紹介されていて、
その部品ひとつひとつに意味があることを教えてくれています。もし、お子さんが道具に興味を示したら、「ドライバーを使ってネジを外す」などの簡単なことから挑戦させてみてください。きっと知的好奇心の幅が広がりますよ。

今週の絵本

「どうぐ」
瑞雲舎

加古里子/文・絵

第5回:おこだでませんように

5歳児(ぐんぐん) 5月期 第5回

学習タイム

・活動1:  …絵本の場面を見ながらぼくの気持ち(心情)を話しあいましょう。
・活動2:P1…あなたが嬉しかったときのことを思い出して、その顔をクレヨンで描きましょう。
・数にチャレンジ:…針を動かして時刻を合わせましょう。

おうちの方へ

大胆な絵で主人公の心情がよく表現されている絵本です。いつも怒られてばかりのボク。どこにでもありそうな子どもの姿です。大人は、ついつい子どもに愚痴を言ったり、頭ごなしに怒ってしまいます。大人にとっては一時的なものでも、子どもにとってはそれらのコトバは積み重ねであり、心に残ります。ボクなりにいろいろと考えて、七夕の短冊に1番の願い事として「おこだでませんように」と書いたのでしょう。画面に大きく書かれた一言には、涙腺がゆるみます。
「子育て」は「親育て」と言いますが、子どもの心がよくわかる1冊です。

今週の絵本

「おこだでませんように」
小学館

くすのきしげのり/作
石井聖岳/絵

第6回:中をそうぞうしてみよ

5歳児(ぐんぐん) 5月期 第6回

学習タイム

・活動1 : …?ボックスに手をい入れて中に入っている物を想像し言葉で発表する。
・数にチャレンジ:…針を動かして時刻を合わせましょう。

おうちの方へ

身近なものの中はどうなっているのでしょうか?どんなふうに見えるでしょう?「中をそうぞうしてみよ」
の言葉で想像してみてください。
この本は、線写真を使って、椅子や貯金箱、鉛筆、ボールペンなど身近なものを透視してみます。椅子に使われている釘、貯金箱にたまっているお金、鉛筆の芯など普段は見えないものを見ることができました。中を想像する楽しみを味わってみてください。

今週の絵本

「中をそうぞうしてみよ」
福音館書店

佐藤雅彦+ユーフラテス/作

第7回:ダンデライオン

5歳児(ぐんぐん) 6月期 7回

学習タイム

・活動1:  …先生のお話を聞いて、質問に答えましょう。
・活動2:  …作り方を理解して「ダンデライオン」を完成させましょう。
➀顔用紙コップ(小)をたて髪になる部分をハサミで切り込みを入れる。
➁切った部分を鉛筆でカールする。
➂顔用画用紙に顔を描きコップの底に貼る。
➃顔用紙コップの後ろにストローの切り込みを割り開き、セロハンテープで貼り付ける
➄穴開きコップの穴にストローを差し込んで出来上がり。
・数にチャレンジ …10対7どちらが多い?

おうちの方へ

自分で読むなら小学1年生くらいから、読み聞かせなら年長くらいからが適している本ですが、大人にもお勧めの1冊です。英語で西洋タンポポを表す「ダンデライオン」のタイトルの通り、タンポポのような黄色を中心とした、淡い色彩のきれいな絵本です。この絵本には、この「ダンデライオン」をはじめとした、さまざまなことば遊びが隠れています。お店の店主たちの名前や店名、張り紙にも駄洒落が隠れていて、それを探すのが楽しいです。読み聞かせの際には、ご家庭でも確認しながら読んでいくといいかもしれません。また、めかしこんで「だてライオン」になってしまったダンデライオンが持っていく、素朴なタンポポの花には「無理に着飾らず、ありのままでいいんだよ」というメッセージも込められています。素のままの自分の魅力を、ご家庭でも話し合えると良いですね。

今週の絵本

「ダンデライオン」
福音館書店

ドン・フリーマン/作
アーサー・ビナード/訳

第8回:ともだち

5歳児(ぐんぐん) 6月期 8回

学習タイム

・活動1:P1  …こんな時、あなたならどうしますか。お話ししましょう。
・活動2:P2  …友だちのサインを(名前・マーク)集めましょう。
・数にチャレンジ:P2…サインの数を数えて、四角にその数を書きましょう。

おうちの方へ

友だちとの関わりは、生きていく上でとても大切なことです。この絵本では日常で起こり得るだろう事柄が、谷川俊太郎さんのリズミカルな文章と和田誠さんのシンプルでほのぼのとした絵で、語るように挙げられています。どんな人が友だちか、友だちならどうすべきか、身近なことでもなかなか向き合って話す機会がないものです。立場や状況によっては、友だち同士の問題ではなく、お父さんやお母さんや先生にも伝えることを必要とすることもあるかもしれません。「友だちって何?」「仲良しって何?」と、成長と共に、ご家庭でも友だちについて、いろいろ話し合ってみてください。

今週の絵本

「ともだち」
玉川大学出版部

谷川俊太郎/文
和田誠/絵

第9回:むしばミュータンスのぼうけん

5歳児(ぐんぐん) 6月期 9回

学習タイム

・活動1:  …ミュータン菌はどのようにして作られていましたか。お話ししましょう。
・活動2:P1…歯が見える自分の笑顔の絵を描きましょう。
・活動3:P2…絵の中の子どもたちは、合わせて何本虫歯がありますか。
・数にチャレンジ …虫歯の数を四角に書きましょう。

おうちの方へ

主人公のむしばミュータンスが、子どもたちに嬉々として虫歯を薦めるという形でお話が進んでいきます。絵本の楽しそうな雰囲気とは裏腹に、リアルなイラストで虫歯の怖さと歯磨きの大切さを伝えています。だんだんと朽ちていく歯のイラストには背筋が寒くなる思いがします。毎日毎日「歯を磨きなさい」と口をすっぱくして言うよりも、もしかしたらこの絵本を読むほうが効果的かもしれません。お話の中にもあるように、歯の健康は体の健康にも直結しています。治療の技術は日々進歩しているとはいえ、常にきれいな歯が見える笑顔でいたいものです。今回の絵本で歯の大切さに気づき、毎日の手入れに積極的に取り組むようになってくれたならば幸いです。

今週の絵本

「むしばミュータンスのぼうけん」
童心社

かこさとし/作・絵