東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

のびのびクラス(3~4歳)

第19回:お月さまってどんなあじ?

3歳児(のびのび) 10月期 第19回

学習タイム

・活動1:P1…はさみを使って動物カードを切りお月さまに手が届くように動物カードを貼っていきましょう。
・数にチャレンジ:…「4個」の数の操作。「あわせていくつ?」

おうちの方へ

今回の主役「お月さま」は人々の想像力をかきたててくれます。満月から少しずつ月が欠けていく姿、少し霞がかった月、くっきりと明るく浮かぶ月、ウサギがおもちをついているように見える月など、子どもでなくても思わず手を伸ばして触ってみたくなりますね。この絵本の最後にお月さまをかじってしまう場面がありますが、いったいどんな味がしたのでしょうか。この表現がまた何とも言えず魅力的で、「お月さまのかけらは、みんながそれぞれいちばんすきなもののあじがしました」と書かれています。さて、お子さんはどんな味を想像したのでしょうか。

今週の絵本

「お月さまってどんなあじ?」
セーラー出版

マイケル・グレイニエツ/文絵
いずみちほこ/訳

第20回:だんまりこおろぎ

3歳児(のびのび) 10月期 第20回

学習タイム

・活動1: …こおろぎさんに羽を貼って音が出るようにしてあげましょう。
・活動2: …こおろぎさんと一緒に演奏会をしましょう。
・数にチャレンジ:…おはじきを「4個」取り、音の出る羽と交換しましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

小さなコオロギぼうやがいろいろな虫たちと出会い、一生懸命羽をこすりあわせて挨拶しようとしますが、音が出ません。お話の中では「こおろぎぼうやもあいさつしたくてちいさなはねをこし・こし・こし・・でもあらら おとがでないよ うたえない」というフレーズが繰り返し登場します。エリック・カールの鮮やかな色彩の絵と、繰り返しのフレーズが子どもたちの心を惹きつけます。少しずつ成長を遂げたコオロギが、最後の場面でとても美しい音を奏でます。絵本の最後のページを開くと聞こえてくるコオロギの鳴き声がとても素敵で、秋の季節を感じる1冊です。

今週の絵本

「だんまりこおろぎ」
偕成社

エリック=カール/作
くどうなおこ/訳

第21回:ウサギとカメ

3歳児(のびのび) 10月期 第21回

学習タイム

・活動1:P1…ウサギとカメのお話を思い出し、競争に勝ったほうに〇をつけましょう。
・活動2:  …〇カードを完成させ、飛ばして遊びましょう。
・数にチャレンジ:…おはじきを「4個」取り○カードと交換しましょう。※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

昔から読み継がれているお話ですが、絵本によって内容が少し異なります。今回使用した絵本は、絵もほのぼのとしており、勝負に負けたウサギも悔しがることよりも、素直に負けを認め、相手を賞賛します。最後の場面で2人が握手を交わし、リンゴを仲良く分けて食べる場面は特にほのぼのとしており、心が和みます。競争するということは、頑張ることや、負けて悔しいと感じることもとても大切ですが、お互い頑張ったことを賞賛し合う今回の「ウサギとカメ」のお話は、何だか温かい気持ちになりますね。

今週の絵本

「ウサギとカメ」
岩崎書店

蜂飼耳/文
たしろちさと/絵