東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を培う―パレット保育園―
メニュー

わくわくクラス(4~5歳)

第10回:スイミー

4歳児(わくわく) 7月期 10回

学習タイム

・活動1:P1…魚カードでいろいろな法則性を考えましょう。
・活動2:P2…法則性で魚を海中に貼り泳がせましょう。
・数にチャレンジ …7対6どちらが多い?多い方を指でさしましょう。

おうちの方へ

オランダ出身の絵本作家「レオ=レオニ」の作品で、長い間世界中の子どもたちに愛されている絵本です。日本では小学校の教科書にも掲載されています。版画の手法を駆使した透明感あるイラストで描かれている海の様子や「虹色のゼリーのような…」
「ドロップみたいな…」とイメージが広がる美しい文章も魅力です。このお話は読み聞かせをするなら3歳くらいから楽しめる1冊ですが、「みんなで協力し、力を合わせれば大きな力になる」という作者からのメッセージを十分理解するには、この年齢が最適なのではないでしょうか。

今週の絵本

「スイミー」
好学社 レオ=レオニ/作
谷川俊太郎/訳

第11回:およぐ

4歳児(わくわく) 7月期 11回

学習タイム

・活動1:  …みんなで泳ぐ真似(即応動作)をしましょう。犬かき、平泳ぎ、クロールなどの真似をして身体を動かしましょう。また、何秒息を止められるか「よーいどん」の合図でみんなで楽しみましょう。
・活動2:  …水に浮くものと沈むものの実験をしましょう。水を入れた水槽に具体物を入れ、浮くか沈むか実験をしましょう。
・活動3:P1…水に浮くものはどれでしょう。また、水に沈むものはどれでしょう。浮くものには〇、沈むものには△をつけましょう。
・数にチャレンジ …7対6どちらが多い?多い方を指でさしましょう。

おうちの方へ

「動物や人間は何故泳げるの?」という問いかけに「体の中に浮き袋の役割をするものを持っていて、風船が水に浮かぶのと同じように水に浮く」ということをわかりやすいイラストと共に説明してくれています。泳ぐとはどんなことなのか、体のしくみと共にわかりやすく描かれているお勧めの1冊です。「コトバの森」では幾度かに渡り、今回のような自然・科学絵本を取り入れていく予定です。自分の身体のこと、地球に存在している生き物のこと、自然のこと…。絵本をきっかけに身のまわりのさまざまなものなどに興味を持ち、視野が広がっていくことが目的です。物語の絵本も良いですが、時にはご家庭でも自然科学絵本を読んであげることをお勧めします。

今週の絵本

「およぐ」
福音館書店

なかの ひろたか/作

第12回:まほうのコップ

4歳児(わくわく) 7月期 12回

学習タイム

・活動1:P1…水の入ったコップにフォークを入れると、どうなるか考え予想して〇をつけましょう。
・活動2:  …水の入ったコップにフォーク等を入れて、実験を楽しむことが出来る。
・数にチャレンジ …7対6どちらが多い?多い方を指でさしましょう。

おうちの方へ

身近にあるガラスのコップに水を入れるだけで、「まほうのコップ」のできあがり。この本はコップの後ろにさまざまなものを置いて、どんな風に見えるかを写真と短いコトバで表現している科学絵本です。この本を読んで「不思議だな」「やってみたいな」と感じたあとは、是非いろいろな材料とコップを使って実験してみましょう。やり方はとても簡単! 水の入ったコップの後ろに具体物を置いて、まず正面から見てみましょう。それから見る角度を変えたり、置いたものを少しずつずらしたりして見え方の変化を楽しみましょう。幼児期は、たくさんの「体験」を通して知識が脳に定着していきます。是非おうちの方も一緒に、「まほうのコップ」の実験を楽しんでみてください。

今週の絵本

「まほうのコップ」
福音館書店

藤田千枝/原案
川島敏生/写真
長谷川摂子/文