東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

わくわくクラス(4~5歳)

第22回:ねずみのすもう

4歳児(わくわく) 11月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…どちらのネズミが勝ちましたか。先生のお話をよく聞いて〇をつけましょう。
・活動2:  …ネズミカードをハサミで切り、トントン相撲をしましょう。
・数にチャレンジ:…おはじきを使い7個の操作をしましょう。

おうちの方へ

「♪よいしょ どっこいしょ うんとこしょ どっこいしょ はっきたぁ ほっきたぁ」のかけ声が楽しく、子どもたちも楽しんで読める1冊です。また、ねずみたちを我が子のように大切に思いやるじいさまとばあさまの存在も印象的です。きっと子どもたちも「思いやりの心」を感じとってくれたのではないでしょうか。昔話のお話の中には、子どもたちが生きていく上で大切なメッセージがこめられています。書店に並ぶ色鮮やかな絵本も良いですが、ときには「昔話」を1冊ずつ手にとり、親子で一緒になって楽しみながら読んであげることをおすすめします。

今週の絵本

「ねずみのすもう」
くもん出版

おざわとしお/再話
ふじもとしろう/絵

第23回:てぶくろ

4歳児(わくわく) 11月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…てぶくろカードを線の通りにハサミで切りましょう。次にシールを貼ったりクレヨンで模様を描き、素敵なてぶくろに仕上げましょう。できあがったら両面テープをはがしてプリントに貼りましょう。
・活動2:P1…先生のお話を聞いて動物カードをてぶくろに入れましょう。次に動物カードをてぶくろに入れたり出したりして楽しく遊びましょう。
・活動3:P2…てぶくろを使う季節と同じ季節のものに〇をつけましょう。
・数にチャレンジ:…おはじきを使い7個の操作をしましょう。

おうちの方へ

おじいさんが落としていったてぶくろに、次々と動物たちがやってきて入っていきます。ネズミ、カエル、ウサギ、キツネ、オオカミ、イノシシ、クマ…しだいに増えていく動物たちに「こんなにたくさん入れないよ!」と子どもたちはハラハラドキドキ…。途中ではしごが加わったり土台ができたりと、てぶくろの増改築も面白いですね。また、登場人物のネーミングも面白く「くいしんぼねずみ」「ぴょんぴょんがえる」「はやあしうさぎ」「おしゃれぎつね」など。そして、その動物たちが民族衣装を着ていることもこのお話の魅力のひとつです。ハラハラドキドキしながらも、なぜか読み終わったあとに温かい気持ちになれるお話…急がずゆっくり読んであげたい冬の季節におすすめの1冊です。

今週の絵本

「てぶくろ」
福音館書店

エウゲーニー・M・ラチョフ /絵
うちだりさこ/訳

第24回:とけいのほん①

4歳児(わくわく) 11月期 第3回

学習タイム

・活動1:  …時計に数字シールを貼り時計を作りましょう。
・活動2:  …今何時?いろいろな時間に針をあわせてみましょう。
・数にチャレンジ:…おはじきを使い7個の操作をしましょう。

おうちの方へ

個人差はありますが、時計や時間に興味を持ち、「今、何時?」と聞いてくるお子さんも多いのではないでしょうか。時計・時刻・時間の学習が始まるのは小学校に入学してからですが、ぜひこの幼児期に興味を抱かせていきたいものです。そのきっかけづくりとして、今回の絵本はとてもお勧めしたい1冊です。ぜひご家庭でも実物の時計を見て、「長い針が上に来たから3時だね」などと、コトバをかけていただきたいと思います。

今週の絵本

「とけいのほん①」
福音館書店

まついのりこ/作