東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

すくすくクラス(1~2歳)

第28回:れんけつガッチャン

1歳児(すくすく)1月期 第28回

学習タイム

・活動1:  …「オーライ オーライ」「連結…ガッチャン」の掛け声に合わせて電車カードを連結させて電車を走らせましょう。
・活動2:P1…連結して完成した電車を走らせて遊びましょう。
・数にチャレンジ …おはじき「2個」数えて取り電車と交換しましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

「オーライ オーライ、れんけつ…ガッチャン」のフレーズに、子どもたちは大喜び。次に自分たちが実際に連結させる活動の時、くっつく瞬間「ガッチャン!」と言っている子どもたちはとても嬉しそうです。このフレーズを覚えた子どもたちは、お友だちの手を握るときも「連結ガッチャン!」と声をあげ、相手のぬくもりを感じながら手を繋ぎます。この絵本は単に乗り物に興味を示すだけの絵本ではありません。「繋がる」ことの一つとして、手を握ることに安心感を持ち、お友だちにも関心を抱くことのできる一冊でもあるのです。子どもたちと手を繋ぐ時、ぜひ「連結ガッチャン!」と言ってみてくださいね。

今週の絵本

「れんけつガッチャン」
学研教育出版

こぐれけいすけ/作

第29回:パンツのはきかた

1歳児(すくすく) 1月期 第29回

学習タイム

・活動1:P1…ブタちゃんにパンツをはかせてあげましょう。
・活動2:P2…パンツにシールを貼って素敵なパンツを作りましょう。
・数にチャレンジ …おはじき「2個」数えて取り、シールを買いに行きましょう。※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

ユニークな口調で「パンツはね…」で始まるこの絵本。身近なお話でパンツのはき方を丁寧に教えてくれます。パンツをきっかけに、自分の身支度に興味をもち、徐々に自分の力でできるように成長してくれたらいいですね。佐野洋子さんの描いたフクフクしたピンクのブタも、何とも愛らしくチャーミングです。また、文章になっている言葉も、単純なようですがとても教育的です。「はじめに片足」「キュ―っとひっぱって」「上までひきあげて」「裏返し」など一句一句が、動作の有り方が伝わってくる表現です。この際に、パンツのはき方だけではなく、多くの「コトバ」や意味を理解し、良い習慣が身に付けられるように伝えていけたら良いですね。

今週の絵本

「パンツのはきかた」
福音館書店

岸田今日子/作
佐野洋子/絵

第30回:にじいろのさかな

1歳児(すくすく) 1月期 第30回

学習タイム

・活動1:  …キラキラ光る綺麗な「にじうお」にしましょう。
・活動2:  …「にじうお」と一緒に泳いだり、楽しく踊ったりしましょう。
・数にチャレンジ …無くなった鱗の〇と鱗(シール)の数(3個)を数えましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

この絵本のキラキラ光る鱗に引き付けられ、演出効果は抜群です。「なぜ?」「どうして?」のこの時期に、キラキラ光る鱗は神秘的で不思議な魅力でいっぱいです。「どうしてほかの魚に嫌われちゃったの?」と聞くと、年齢によって理解は様々です。子どもの心にストレートにメッセージを伝え、子どもと一緒にいろいろ考えるきっかけにもなります。この絵本は対象年齢の幅も広く、成長段階によって興味や感じ方も違ってきます。まだまだ大人の説明が必要な時期ですが、何度も読み返すうちに多くを学び、感じ取ることができるようになる1冊です。今の時期は難しいことを言わず、キラキラ光る鱗を親子で楽しむと良いでしょう。

今週の絵本

「にじいろのさかな」
講談社

マーカス・フィスター/作
谷川俊太郎/訳