東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

すくすくクラス(1~2歳)

第7回:おさんぽ おさんぽ

1歳児(すくすく)6月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…カエル(カタツムリ)はどっち?
・活動2:P2…折り紙をクシャクシャ握り、アジサイの花にしましょう。
・数にチャレンジ …カエル(カタツムリ)の数を数えましょう。

おうちの方へ

この絵本は梅雨時のお散歩の様子や情景が足元目線で描くことでいきいきと伝わり臨場感があります。この時期の子どもは日常的な生活習慣が徐々に身につき、自分の靴や洋服なども少しずつ自分で脱ぎ着できるようになってきます。なぜ雨の時には傘をさすのか?長靴を履くのか?を考えたり、お天気に興味を持ったりもします。また、生活に必要な道具に興味を持ち視野が大きく広がる時期でもあります。ぜひこの絵本を通して親子で一緒になって雨上がりの様子をワクワクしながら楽しんでみてください。

今週の絵本

「おさんぽ おさんぽ」
福音館書店

ひろのたかこ/作

第8回:はいはい のんのん どっちゃんこ

1歳児(すくすく) 6月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…お話を思い出し、ぞうカードを使って一緒に遊びましょう。
・活動2:P2…ぞうには大きいりんご、かめには小さいりんごをあげましょう。
・数にチャレンジ …5対2どちらが多い?

おうちの方へ

絵と内容にマッチした擬態語が愉快に並び、子どもたちの興味をそそります。絵も、子どもにとってはわかり易く、子どもが大好きな身近に感じる動物ばかりが登場します。また、文章に使われている音の表現も可愛く「にこにこ とっとこ」「ぺたぺた ぺたすけ」「のそのそ のんのん」「わっせの わっせ」等など動物のやってくる様子がことばで表現されています。それらが繰返し反復され、いつしか口ずさむようになります。オノマトペを活用した代表的な本とも言えるでしょう。こんなに愛らしい可愛い絵本なのに、残念ながらこの本は絶版になってしまいました。興味のある方は是非古本を探してみてください。

今週の絵本

「はいはい のんのん どっちゃんこ」
小峰書店ビル

かこ さとし/作

第9回:ぱくぱくたべたら はみがきだ!

1歳児(すくすく) 6月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…クレヨンでごしごし色を塗って、むしばきんを退治しましょう。
・活動2:P2…くまにパンを食べさせてあげましょう。食べたら歯みがきをしましょう。
・数にチャレンジ …パンを2こ取りましょう。

おうちの方へ

「歯みがき」は毎日の習慣、楽しく行えるのが一番ですが、お子さんは楽しく「歯みがき」していますか?
「歯みがき」をテーマにした絵本はたくさん出版されています。今週の絵本は「虫歯になると痛いから歯をみがく」という視点ではなく、「歯みがきって楽しいな」と思えるような内容でお話が展開されています。しかけをめくると「上の歯ごしごし」「下の歯ごしごし」と変化するところも楽しいですね。歯みがきだけでなく、洗顔、着替え、片付けなどの生活する力もこんなふうに楽しく身につけてほしいと思います。是非このような生活絵本をご家庭でも楽しんで読み、興味を広げてみてください。

今週の絵本

「ぱくぱくたべたら はみがきだ!」
世界文化社

きむらゆういち/作
みやもとえつよし/絵