東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

すくすくクラス(1~2歳)

第16回:くらいくらい

1歳児(すくすく)9月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…このかげはだれでしょう。
・活動2:P2…影と同じ形(パズル)を置きましょう。
・数にチャレンジ:…多いのどっち?

おうちの方へ

「まっくら くら くら くらーい くらい」の言葉で進行します。電気をつけたり消したりすることに興味を持つこの時期にぴったりな1冊です。一瞬のうちに暗い闇の中から明るい光ある世界へと変わり、かわいい動物たちが姿を現します。暗い闇の中のページを見ながら、「電気をつけると誰が出てくるかな?」と問いかけることで、シルエットから子どもたちの想像力をかきたてることができます。言葉のリズムと「明るい」「暗い」の変化にスリルを味わうことができる、愉快なそしてとても楽しめる絵本です。

今週の絵本

「くらいくらい」
福音館書店

はせがわせつこ /文
やぎゅうげんいちろう/絵

第17回:とってください

1歳児(すくすく) 9月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…「とってください」「ありがとう」の言葉を言ってみましょう。くまさんのためにはりんご、りすさんのためにはみかんを取ってもらってそれぞれの動物に貼ってあげましょう。
・活動2:P2…木にくだものいっぱい実らせてどうぶつさんたちに取ってあげましょう。
・数にチャレンジ:…おはじき「2こ」とってください。

おうちの方へ

絵の色がきれいで見れば見るほどリアルにとても丁寧に描かれているこの絵本。動物たちの微笑ましい会話を聞くと心が安らぎます。「とってください」「ありがとう」の繰り返しがテンポよく展開し見ている方もちょこんと頭をさげたくなります。この時期子どもは年上の子に憧れ、同じことをしたくなります。また、人の物を欲しくなったり、うらやましがったりもします。そんな時期だからこそ、心優しい動物たちのやりとりがみごとに表現されたこの1冊に出会わせてあげたいと思います。

今週の絵本

「とってください」
福音館書店

福知 伸夫/作

第18回:どうすればいいのかな?

1歳児(すくすく) 9月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…プリントのクマさんのふさわしい場所に、シャツ・パンツ・帽子・靴を着用させてあげましょう。
・活動2:P2…クマさんはどこで遊んでいますか。一緒に楽しく遊びましょう。
・数にチャレンジ …おはじき「2こ」取ってくまさんにあげましょう。
※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

この時期の子どもたちが一生懸命に練習している「衣服の着脱」をテーマにした絵本です。シャツの着方や帽子のかぶり方、靴やパンツのはき方などクマさんが一生懸命と着脱している姿は応援したくもなります。クマさんをみて衣服の着脱方法などのお手本になると良いです。今日から少しずつ自分でできる簡単なことはぜひチャレンジさせてみてください。はじめは上手にできなくても、応援し、見守り、できたらほめてあげること。それがお子さんの「自立」への第一歩です。

今週の絵本

「どうすればいいのかな?」
福音館書店

わたなべしげお/文
おおともやすお/絵