東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

すくすくバックナンバー

第1回:ぱくぱくたべたら はみがきだ!

1歳児(すくすく) 4月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…クレヨンでごしごし色を塗って、むしばきんを退治しましょう。
・活動2:P2…くまにパンを食べさせてあげましょう。食べたら歯みがきをしましょう。

おうちの方へ

「歯みがき」は毎日の習慣。楽しく行えるのが一番ですが、お子さんは楽しく「歯みがき」していますか?「歯みがき」をテーマにした絵本はたくさん出版されています。今週の絵本は、「虫歯になると痛いから歯をみがく」という視点ではなく、「歯みがきって楽しいな」と思えるような内容でお話が展開されています。しかけをめくると「上の歯ごしごし」「下の歯ごしごし」と変化するところも楽しいですね。歯みがきだけでなく、洗顔、着替え、片付けなどの生活する力もこんなふうに楽しく身につけてほしいと思います。是非このような生活絵本をご家庭でも楽しんで読み、興味を広げてみてください。

今週の絵本

「ぱくぱくたべたら はみがきだ!」
世界文化社

きむらゆういち/作
みやもとえつよし/絵

第2回:おはよう あさごはん

1歳児(すくすく) 4月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…赤い〇の真ん中(トマトの真ん中)に緑のシール(トマトのへた)を貼りましょう。
・活動2:P2…お皿の中の食べ物にごしごし色を塗って、美味しそうなご馳走にしましょう。

おうちの方へ

日常には食べ物があふれています。子どもは身近な食べ物から関心を持つのではないでしょうか。特に、おうちの方がお料理する姿を子どもは興味を持って見ています。この絵本では、日常の日本の食事が楽しく紹介されています。コトバも「ほかほか ごはん」「ほわほわ おみそしる」「とぽとぽ おちゃ」など、楽しく表現されていておいしそうです。お皿やコップから湯気まで伝わってきそうです。是非この機会に、食べ物だけではなく日本の文化であるお茶碗やお椀、小鉢や箸などの並べ方など、子どもの躾にも役立たせてください。日々の生活の中でのちょっとした働きかけから食事のマナーなども身についていきます。

今週の絵本

「おはよう あさごはん」
ひさかたチャイルド

真珠まりこ/作・絵

第3回:くだもの

1歳児(すくすく) 4月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…お買い物ごっこをしましょう。
・活動2:  …美味しいいちごを作りましょう。

おうちの方へ

果物のみずみずしさが伝わってくる丁寧な描写で描かれた絵本です。遠くから甘酸っぱい匂いがして、思わず手を伸ばし口に入れたくなります。大きくカラフルに描かれた絵は、本物そっくりでとても美味しそうです。果物を食べるときの、「サクッサクッ」「ツルツル」の音が聞こえそうです。「さぁ、どうぞ」の言葉に合わせ、感覚行動を行い五感を刺激してみてください。子どもにとってこれからは、食べ物が一番魅力を感じる時期になってきます。今回の授業では、絵本を通じて色や果物の名前、音や匂いなどすべての感覚をバランスよく刺激していきます。

今週の絵本

「くだもの」
福音館書店

平山和子/作

第4回:アリの おでかけ

1歳児(すくすく) 5月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …バスが走れるように、タイヤを「2こ」貼りましょう。
・活動2:  …バスに色を塗りましょう。
・数にチャレンジ …※<活動①>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

アリさんたちはバスに乗り、お出かけします。小さなアリから見える世界はどのように見えるのでしょうか。山あり、谷あり、坂あり、森あり。「ぶーぶー」のリズムに乗りながら凸凹の道を走ります。楽しい擬音のリズムに乗って走る道は何とワニやラクダやライオンやゾウの背中です。ユニークな描写がより子どもの気持ちをわくわくさせます。最後は動物園で仲良くお弁当を食べている姿が愛らしくホッとします。身体の大きさの違いにより、それぞれの視野が異なる世界の変化に、子どもたちの想像力が高まることでしょう。

今週の絵本

「アリの おでかけ」
白泉社

西村敏雄/作

第5回:おふろにおいで

1歳児(すくすく) 5月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…お風呂にお湯を入れてあげましょう。
・活動2:P2…ぶたさん・かめさんも一緒にお風呂に入れてあげましょう。
・数にチャレンジ …くらべっこ!どっちが多い?(5対2)

おうちの方へ

子どもたちの大好きな動物たちが、色々なお風呂の入り方をします。例えば、かには泡ぶくお風呂で「ちゃぷちゃぷ ぷくぷく かにおふろ。ぷくぷく ぷあーり いい気持ち。」へびは、長い体を器用に「ずる ずる ずるーり いい気持ち!」といった具合、最後にはみんなでお風呂に一緒に入ります。リズミカルな文章とオノマトペも楽しいお話です。こういう絵本を読むと、毎日入るお風呂がより身近な楽しいものになるのはもちろんのこと、お風呂嫌いな子もお風呂が大好きになってしまうことでしょう。

今週の絵本

「おふろにおいで」
アリス館

ひろかわさえこ/作

第6回:ぴょーん

1歳児(すくすく) 5月期 第3回

学習タイム

・活動1:  …「ぴょーん」のことばにあわせて、カエルさんをジャンプさせてみましょう。
・活動2:  …お腹を空かせたかえるさんに、りんごを「2こ」あげましょう。
・数にチャレンジ …※<活動②>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

ページをめくるたびにいろんないきものが「ぴょーん」と飛びあがり、それぞれのユーモラスな仕草が楽しいイラストですが、いきものたちのフォルムは正確。楽しみながら、科学への視点がひらけるこの本は、2000年の発売から日本だけでなく世界各国で愛され続けている絵本なのです。作者は海外に行った帰りの飛行機が急にゆれて、体がぴょーん!と上がる感じがしたとき、この絵本のアイデアがひらめいたんだそうです。自分が楽しいと思うことを形にしている作者ならではの発想が子ども心をくすぐり、共感を得ているのだと思います。絵本に合わせて子どもたちも一緒に飛びあがる姿が目に浮かぶ、そんな楽しい絵本です。大人も一緒に「ぴょーん」と飛びあがってみませんか?

今週の絵本

「ぴょーん」
ポプラ社

まつおかたつひで/作

第7回:おさんぽ おさんぽ

1歳児(すくすく)6月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…カエル(カタツムリ)はどっち?
・活動2:P2…折り紙をクシャクシャ握り、アジサイの花にしましょう。
・数にチャレンジ …お友だちは何匹いますか?同じ数(2こ)だけりんご(シール)を取ってお友だちにあげましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

この絵本は梅雨時のお散歩の様子や情景が、足元目線で描くことでいきいきと伝わり臨場感があります。この時期の子どもは日常的な生活習慣が徐々に身につき、自分の靴や洋服なども少しずつ自分で脱ぎ着できるようになってきます。なぜ雨の時には傘をさすのか?長靴を履くのか?を考えたり、お天気に興味を持ったりもします。また、生活に必要な道具に興味を持ち視野が大きく広がる時期でもあります。ぜひこの絵本を通して、親子で一緒になって雨上がりの様子をワクワクしながら楽しんでみてください。

今週の絵本

「おさんぽ おさんぽ」
福音館書店

ひろのたかこ/作

第8回:はらぺこあおむし

1歳児(すくすく) 6月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…お腹をすかせているあおむしさんにリンゴを2こあげましょう。
・活動2:P2…ちょうちょに色をぬりましょう。
・数にチャレンジ …<活動1>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

だれもが本屋さんで目にする有名な絵本。色使いが見事なこの本は、世界的に有名なエリック・カールが妹のクリスターにささげた本です。仕掛け絵本の楽しさももちろんですが、卵からかえってちょうちょになるまでの様子がわかり、子どもには魅力がいっぱいです。途中のあおむしの様子にハラハラ・ドキドキ・ワクワクさせられ夢中になります。1ページめくるごとに新しい世界が広がり、変化に富んだ展開をしていきます。また、コトバの使い方が楽しく表現されていて、自然とコトバも覚えます。食育の面でも、最後にきれいなちょうちょになれたように、子どもたちにもご飯をいっぱい食べるようにと、自然と語りかけてくれる1冊です。

今週の絵本

「はらぺこあおむし」
偕成社

エリック・カール/作
もりひさし/訳

第9回:ばけばけばけばけばけたくん

1歳児(すくすく) 6月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…お腹をすかせたばけたくんに美味しいものをたくさん食べさせてあげましょう。
・活動2:  …クレヨンで美味しいものを描いて、ばけたくんを変身させましょう。
・数にチャレンジ …りんごはいくつある?数を数えて(2こ)お腹をすかせているばけたくんにあげましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

くいしんぼうのおばけ「ばけたくん」が夜中に台所でパクパク。いちごにスパゲティーにキャンディーなどなど。あれあれ、食べた物にばけちゃった!?といった具合に楽しく展開するこの絵本。「ばけばけばけばけ・・・」舌をかみそうになりながら題名を読んでいるだけで、子ども達はもう嬉しそう。試しに一度言ってみてください。スムーズに1回で言えましたか?次々に子どもの大好きな食べものにばける「ばけたくん」の変化と、リズム感のあるコトバが楽しい絵本です。ストーリーはシンプルで明快!この時期の子どもたちにぴったりのとても絵本らしい遊びとワクワク感とユーモアに溢れた1冊です。

今週の絵本

「ばけばけばけばけばけたくん」
大日本図書

岩田明子/文・絵

第10回:きんぎょが にげた

1歳児(すくすく)7月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…「♪にーげた にげた どーこに にげた?」逃げた金魚とウサギを見つけてシールを貼りましょう。
・活動2:P2…金魚鉢にお水を入れてあげましょう。
・数にチャレンジ …シールはいくつありますか?数えましょう。(2枚)※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

この本はどなたでも目にする人気の高い絵本です。年齢に関係なく、子どもたちのお気に入りの1冊でもあります。「きんぎょがにげた どこににげた?」など、コトバをたくさんおぼえるきっかけになる絵本でもあります。何度も読んでいるうちに視野も広がり、きんぎょ以外の絵全体を楽しむようになり、「果物」「動物」「乗り物」などにも興味を示すようになります。観察することや比較することで、さまざまな視点から興味が広がっていくようになります。水の中で生活するきんぎょが次から次へと実際ではありえない場所に隠れていく面白さ。五味太郎さんならではの楽しみ方が詰まった絵本です。

今週の絵本

「きんぎょが にげた」
福音館書店

五味太郎/作

第11回:はなびドーン

1歳児(すくすく) 7月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…〇△□たくさんのシールを貼って、きれいな花火を光らせましょう。
・活動2:P2…みんなで元気に、お空に向かって花火の花を咲かせましょう。
・数にチャレンジ …お皿のおはじきを数えて(2こ)お腹を空かせたおともだちにあげましょう。

おうちの方へ

「シューッ、シューッ、パパパーン、きらきらきら」大玉、やなぎに連続花火、次から次にまるで万華鏡のように色や形を変えて繰り返される花火は、理屈抜きで楽しいですね。「1歳クラスの子どもたちにとってはまだ本物の花火だって見たことないのに伝わるのかな?」なんて思う方もいるかもしれませんが、この華やかな色や形、ストーリーは無く繰り返される音のリズムや「シューッ ドーン」のオノマトペなどは小さな子どもたちがワクワクせずにはいられないはずです。大人になっても花火を見ることがちっとも飽きない、その秘密までわかっちゃうような、そんな夏にぴったりの素敵な絵本です。

今週の絵本

「はなびドーン」
童心社

カズコ・G・ストーン

第12回:おべんとうなあに?

1歳児(すくすく) 7月期 第3回

学習タイム

・活動1:  …おかず屋さんで形の違う3つのおかずを買いましょう。それぞれどんな形をしているかな?確認してみましょう。
・活動2:P2…形の違う3つのおかずを、それぞれぴったりの場所に入れてお弁当を完成させましょう。
・数にチャレンジ …5対2どちらが多い?多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

この絵本はともだちだいすきシリーズの「2」です。少しずつまわりの事がわかってくるこの時期は、お友だちにも興味を示していきます。3シリーズあり、どの内容もあたたかい気持ちになります。絵や色やタッチが優しく、絵をみるだけでストーリーが伝わってきます。擬音使いも動きがあり、背景がより身近に感じられます。そして登場する動物たちのほのぼのとした表情や様子が、子どものハートを惹きつけます。みんなで楽しく遊んだ後はお弁当。「おべんとうなあに?」とそれぞれ見せ合います。中身はバラエティーに富んでいてお家の方も必見、参考になりそうです。子どものそばに置いておきたい心温まる1冊です。

今週の絵本

「おべんとうなあに?」
偕成社

山脇恭/作
末崎茂樹/絵

第13回:くるまで おでかけ

1歳児(すくすく)8月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …おはじき「2こ」と交換に車を貰って走らせてみましょう。
・活動2:  …道を走らせ「くねくね ひゅーん」とドライブごっこを楽しみましょう。
・数にチャレンジ …今回は<活動1>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

車で「でこぼこ」道や「くねくね」道を走ります。道をそって指でなぞっていくのは、この年代ではまだ難しい課題ですが、車(ミニカー)を手に持つと、楽しんで走らせることができます。途中に出てくるお店やさんや生き物たち、山や野原やトンネルなど、ワクワクしながらいろいろなものに出会います。コトバの世界も広がっていきます。活動の中で実際に車を走らせ、いろいろな道、いろいろな場所をドライブした子どもたち。是非ご家庭でも親子でドライブごっこを通して会話を広げ、楽しんでみてください。

今週の絵本

「くるまで おでかけ」
ひさかたチャイルド

高木あきこ/作
田頭よしたか/絵

第14回:やさいさん

1歳児(すくすく) 8月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…にんじんさん・だいこんさんと仲良くあそびましょう。
・活動2:P2…にんじんはいくつありますか(2本)?数を数えてにんじん色に塗りましょう。
・数にチャレンジ …今回は<活動2>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

どの家庭にも買い置きしてあるおなじみの野菜が沢山登場する認識絵本です。この時期の子どもたちは食べることに大変に興味を持ちます。野菜の仕掛け絵本は子どもにはたまりません。「いない いない ばあ!」の様に楽しいのでしょう。「やさいさん やさいさん だあれ」「すっぽーん にんじんさん」と、擬音も擬態語も素晴らしく、雰囲気を盛上げてくれます。仕掛けを開ける瞬間が楽しく、野菜が好きになれそうです。根菜の葉っぱの部分を見る機会は少ないですが、これを機会に特徴をとらえたりして、野菜の世界を広げてください。自然と食育にもつながっていきます。

今週の絵本

「やさいさん」
学研教育出版

tupera tupera/作

第15回:おばけだぞぉー!

1歳児(すくすく) 8月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…パコームの友だち2人にシール「2こ」をわけっこして貼りましょう。
・活動2:P2…パコーム人形を作って遊びましょう。
・数にチャレンジ …今回は<活動1>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

なかよしおばけシリーズの中の1冊です。「おばけパーティー」「おばけ びょうきになる」「おばけ、ネス湖へいく」「おばけ まほうにかかる」「おばけの地下室たんけん」等、ほるぷ出版から発行されています。生活感があるおばけの作品は、ユニークな魅力でいっぱいです。いたずらが大好きでお茶目なおばけのパコームは、絵本の中でも子どもたちと一緒になって遊んだり、隠れたり大活躍。みんなもかわいいおばけのパコームになって、お話ししたり身体を動かしたりして楽しく遊びましょう。

今週の絵本

「おばけだぞぉー!」
ほるぷ出版

ジャック・デュケノワ/作
おおさわあきら/訳

第16回:くらいくらい

1歳児(すくすく)9月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…このかげはだれでしょう。
・活動2:P2…影と同じ形(パズル)を置きましょう。
・数にチャレンジ …5対2どちらが多い?

おうちの方へ

「まっくら くら くら くらーい くらい」の言葉で進行します。電気をつけたり消したりすることに興味を持つこの時期にぴったりな1冊です。一瞬のうちに暗い闇の中から明るい光りある世界へと変わり、かわいい動物たちが姿を現します。暗い闇の中のページを見ながら、「電気をつけると誰が出てくるかな?」と問いかけることで、シルエットから子どもたちの想像力をかきたてることができます。言葉のリズムと「明るい」「暗い」の変化にスリルを味わうことができる、愉快なそしてとても楽しめる絵本です。

今週の絵本

「くらいくらい」
福音館書店

はせがわせつこ/文
やぎゅうげんいちろう/絵

第17回:とってください

1歳児(すくすく) 9月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…「とってください」「ありがとう」の言葉を言ってみましょう。果物を取ってもらいくまさんにはりんご、りすさんにはみかんをあげましょう。
・活動2:P2…木にくだものいっぱい実らせて動物さんたちに取ってあげましょう。
・数にチャレンジ …おはじきを「2こ」取って、お腹を空かせたおともだちにあげましょう。

おうちの方へ

絵の色がきれいで見れば見るほどリアルにとても丁寧に描かれているこの絵本。動物たちの微笑ましい会話を聞くと心が安らぎます。「とってください」「ありがとう」の繰り返しがテンポよく展開し見ている方もちょこんと頭をさげたくなります。この時期子どもは年上の子に憧れ、同じことをしたくなります。また、人の物を欲しくなったり、うらやましがったりもします。そんな時期だからこそ、心優しい動物たちのやりとりがみごとに表現されたこの1冊に出会わせてあげたいと思います。

今週の絵本

「とってください」
福音館書店

福知伸夫/作

第18回:どうすればいいのかな?

1歳児(すくすく) 9月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…プリントのクマさんのふさわしい場所に、シャツ・パンツ・帽子を着させてあげましょう。
・活動2:P2…クマさんはどこで遊んでいますか。一緒に楽しく遊びましょう。
・数にチャレンジ …おはじきを「2こ」取って洋服と交換しましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

この時期の子どもたちが一生懸命に練習している「衣服の着脱」をテーマにした絵本です。
シャツの着方や帽子のかぶり方、靴やパンツのはき方などクマさんが一生懸命に着脱している姿は応援したくもなります。クマさんをみて衣服の着脱方法などのお手本になると良いです。今日から少しずつ自分でできる簡単なことはぜひチャレンジさせてみてください。はじめは上手にできなくても、応援し、見守り、できたらほめてあげること。それがお子さんの「自立」への第一歩です。

今週の絵本

「どうすればいいのかな?」
福音館書店

わたなべしげお/文
おおともやすお/絵

第19回:なにをたべてきたの?

1歳児(すくすく)10月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…しろぶたくんの食べたものはなあに?
・活動2:P2…クレヨンで色を塗り、甘くておいしいメロンにしましょう。
・数にチャレンジ …おはじき「2こ」取ってくだものカードと交換しましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

食べ物に興味がでてきた年頃から楽しめる1冊です。かわいい絵とストーリーの中に、しろぶたくんの表情がいきいきと表現されています。しろぶたくんは、リンゴ・レモン・メロン・ブドウと食べていきますが、お腹の中に食べたものの色が透けてみえます。子どもたちの好奇心をくすぐります。どんどん色が増えていき色もとてもきれいです。最後には石鹸を食べてお腹の中が「ぷくん ぷくん」となり、シャボン玉になって全部の色と一緒に飛んでいってしまいますが、よく見るとしろぶたくんが大きく成長しています。今週の絵本は色と具体物を一致させたり変化に気付かせたりと、子どもの観察力と色への興味を多く刺激していきます。

今週の絵本

「なにをたべてきたの?」
佼成出版社

岸田衿子/文
長野博一/絵

第20回:かくれんぼ かくれんぼ

1歳児(すくすく) 10月期 第2回

学習タイム

・活動1:  …ゾウとネズミと一緒にかくれんぼ遊びをしましょう。
・活動2:P1…ゾウとネズミの大きさを比べてそれぞれにあったドアに入れてあげましょう。
・数にチャレンジ …動物さんとドアいくつある?数えてみましょう。※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

想像力と期待を膨らませてくれる斬新奇抜な着想で描かれています。絵が可愛いらしく、コトバのリズムが気持ちよく、隠れていた場所が動物に変化する場面が愉快です。また、大きさ比べができ、「比べる」ことを意識している絵本です。大きさの違う可愛い動物たちが、たくさん出てくるのも魅力の1つです。子ども(小さい)から見た世界と、私たち大人(大きい)からが見た世界とでは、こんなに違うものかと驚いてしまいます。視点の違いや視点の変化の面白さを親子で確かめ、楽しんで読んでください。

今週の絵本

「かくれんぼ かくれんぼ」
偕成社

五味太郎/作

第21回:ぎったん ばっこん

1歳児(すくすく) 10月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…「ぎったん ばっこん」と、シーソーを動かしてみましょう。
・活動2:P2…シーソーに動物カードを乗せましょう。2種類の動物の大きさ(重さ)に合わせてシーソーを動かしましょう。
・数にチャレンジ …リンゴを「2こ」取って動物さんに一人に一つずつあげましょう。※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

小さい子から大きい子まで楽しめる絵本で、興味を持つところもいろいろです。小さい子には動物たちの遊ぶ姿や擬音と共に、シーソーの動きを楽しみながら見てみましょう。3歳頃からは登場した動物や数に興味を持ちます。また、シーソーの動きの変化にも目を配るようになり「つりあい」「バランス」など、比較する目を養います。それぞれ感じ方はありますが「重い⇔軽い」「大きい⇔小さい」「高い⇔低い」を何度も話し、比較の言葉が出てくることで絵本を楽しみ、また重さ比べが頭で理解できるようになってくると楽しみ方がより広がりますね。

今週の絵本

「ぎったん ばっこん」
文化出版局

なかえよしを/文
上野紀子/絵

第22回:ぞうくんのさんぽ

1歳児(すくすく)11月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…かばの上にわに、わにの上にかめを順番に乗せてあげましょう。
・活動2:P2…動物と池の中で遊びましょう。
・数にチャレンジ …多数のシールの中から「2こ」取ってぞうさんとかばさんにあげましょう。※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

気の良いぞうくんは重たいかばくんやわにくんを乗せ、危なげな足取りで散歩をします。かめくんを乗せたところで、全員池に落ちてしまいますが、そこから何と楽しい水遊びに。気持ち良さそうに水に浸かっている動物たちの姿がユニークで何ともいえません。子どもに読んであげると、「気持ちいい」「重い」など体感できる言葉もでてくるでしょう。文章は多くありませんが、なぜ、動物たちは「池」に落ちたのか?などと考えていくと、個々の思考が論理的な考えへとつながっていきます。

今週の絵本

「ぞうくんのさんぽ」
福音館書店

なかのひろたか/作絵
なかのまさたか/レタリング

第23回:いろいろばあ

1歳児(すくすく) 11月期 第2回

学習タイム

・活動1:  …「あか」「あお」「きいろ」のカードが何に変身するのかな?見てみましょう。
・活動2:  …「ぶどう」と「みかん」好きなのどっち?好きな方を取ってもっと美味しくなるように色を塗りましょう。
・数にチャレンジ …多数のおはじきの中から「2こ」取り果物カードと交換しましょう。※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

赤ちゃん絵本の人気作家が描く「いろ」シリーズの1冊目。「あお」「あか」「きいろ」が「いろいろ…」のかけごえでいろいろな形に大変身。さらに3色同士がくっついて混ざりあうと別の色に…色のかけ合わせも学べます。学習タイムでもクレヨンの活動が大好きな子どもたち。色への興味が出てきた今だからこそぜひこの絵本をきっかけに色の名前を覚えたり、身近な具体物と色とを繋げてとらえるなど、色への興味関心を高めていって欲しいと思っています。

今週の絵本

「いろいろばあ」
えほんの杜

新井洋行/作

第24回:おんなじ おんなじ

1歳児(すくすく) 11月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…2匹のブタさんどこが違う?同じになるように洋服カードを貼りましょう。
・活動2:P2…2匹のウサギさんどこが違う?同じになるように風船に色を塗りましょう。
・数にチャレンジ …多数のおはじきの中から「2こ」取り洋服と交換しましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

この絵本の「真似」は、「おんなじもの」をさがし出していく構成になっています。一見、同じ意味にも解釈できますが、内容はまったく異なっています。「おんなじ」を意識することで、身の回りにあるいろんなものを比べるようになります。この絵本では、ぶうとぴょんが同じ動作や同じ方法の中で、成功したり、失敗したりと、楽しく物語が展開していきます。「おんなじものがたくさんあったけれど、こまとボールがちがったね」など、絵本を繰り返し見ることで、比べる力や集中する力が養われます。この時期にお勧めの1冊です。

今週の絵本

「おんなじ おんなじ」
こぐま社

多田ヒロシ/作

第25回:ねてるの だあれ

1歳児(すくすく)12月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …両手で折り紙を丸めてみかんを作りましょう。
・活動2:  …丸めて作ったみかんを皮の真ん中に寝かせてあげましょう。
・数にチャレンジ …おはじき「2こ」入ったお皿はどっち?選んで折り紙と交換しましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

登場する絵は、どれも柔らかいタッチでとてもリアルに描かれ、触りたくなるような優しい絵です。「ねてるのだあれ」という掛け声と共に、次第に寝ている赤ちゃんの種類が増えていきます。この絵本に出会う頃には、野菜や果物などの食べ物に関心を持ち始めます。形や色にも興味を持つようになります。またまだ感覚器官が育つ時期ですから、たくさん感覚行動を行い、五感を育てていきましょう。つるつる、ざらざら、などの触った感触・あまーい匂いや味、酸っぱそうな匂いや味などおうちにある野菜や果物でも感覚行動ができますね。そんな時、かくれている「赤ちゃん」を起こさないように、優しくそっと扱ってみてくださいね。

今週の絵本

「ねてるの だあれ」
福音館書店

神沢利子/作
山内ふじ江/絵

第26回:いたいのいたいのとんでけ

1歳児(すくすく) 12月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…イヌさんとキツネさんの手を仲良くつないであげましょう。
・活動2:P1…美味しいもの(シール)「2こ」入ったお皿はどっち?選んでイヌさんとキツネさんに「1つずつ」分けてあげましょう。
・数にチャレンジ …<活動2>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

子どもたちと何気なく繰り返す「いたいのいたいのとんでけ」のおまじない。お話の中でも子犬くんがお母さんにしてもらって「痛いのどこに飛んで行ったの?」と不思議に思い見つけに出かける物語。子どもの生活に密着したお話しです。行動範囲も広がってきたこの時期に、「いたいのいたいのとんでけ」の言葉がぴったりです。自分の体験と重ねられる内容が子どもの気持ちを動かし、感情移入ができるのでしょうか。お話の内容もかわいいし、絵の表情の変化が、こどもたちの気持ちをよく表しています。この時期におすすめの1冊です。

今週の絵本

「いたいのいたいのとんでけ」
福音館書店

平出衛/作

第27回:おもちゃの かくれんぼ

1歳児(すくすく) 12月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…おもちゃの仲間と遊びましょう。遊んだ後はお片付け「おもちゃ箱」に入れましょう。
・活動2:P2…〇の中に色を塗り、木にたくさんの果物を描きましょう。
・数にチャレンジ …2つのお皿の比べっこ。おはじき「2こ」入った皿はどっち?

おうちの方へ

この絵本では、子どものおもちゃ箱に入っているものがいっぱい登場します。ぜんまいじかけのペンギンや積み木のトンネルなど、見おぼえのあるものばかりです。今回は、絵本に出てくる隠れたおもちゃをみんなで探してみましょう。似たような絵の中から指定されたおもちゃを見つけることができるでしょうか。形や色や模様など、どれもよく似ていて、よく見ないと同じに見えますが、小さいものが大好きな子どもは夢中で探します。子どもの目は千里眼です。さぁ、集中して探してみましょう!

今週の絵本

「おもちゃの かくれんぼ」
あすなろ書房

桑原伸之/作

第28回:れんけつガッチャン

1歳児(すくすく)1月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …「オーライ オーライ」「れんけつ…ガッチャン」の掛け声に合わせて電車カードを連結させて電車を走らせましょう。
・活動2:P1…連結して完成した電車を走らせて遊びましょう。
・数にチャレンジ …おはじき「2こ」数えて取り電車と交換しましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

「オーライ オーライ、れんけつ…ガッチャン」のフレーズに、子どもたちは大喜び。次に自分たちが実際に連結させる活動の時、くっつく瞬間「ガッチャン!」と言っている子どもたちはとても嬉しそうです。このフレーズを覚えた子どもたちは、お友だちの手を握るときも「れんけつガッチャン!」と声をあげ、相手のぬくもりを感じながら手をつなぎます。この絵本は単に乗り物に興味を示すだけの絵本ではありません。「つながる」ことの1つとして、手を握ることに安心感を持ち、お友だちにも関心を抱くことのできる1冊でもあるのです。

今週の絵本

「れんけつガッチャン」
学研教育出版

こぐれけいすけ/作

第29回:パンツのはきかた

1歳児(すくすく) 1月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…ブタちゃんにパンツをはかせてあげましょう。
・活動2:P2…パンツにシールを貼って素敵なパンツを作りましょう。
・数にチャレンジ …おはじき「2こ」数えて取り、シールを買いに行きましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

ユニークな口調で「パンツはね…」で始まるこの絵本。身近なお話でパンツのはき方を丁寧に教えてくれます。パンツをきっかけに、自分の身支度に興味をもち、徐々に自分の力でできるように成長してくれたらいいですね。佐野洋子さんの描いたフクフクしたピンクのブタも、何とも愛らしくチャーミングです。また、文章になっている言葉も、単純なようですがとても教育的です。「はじめに片足」「キューっとひっぱって」「上までひきあげて」「裏返し」など一句一句が、動作の有り方が伝わってくる表現です。この際に、パンツのはき方だけではなく、多くの「ことば」や意味を理解し、良い習慣が身に付けられるように伝えていけたら良いですね。

今週の絵本

福音館書店
「パンツのはきかた」

岸田今日子/作
佐野洋子/絵

第30回:にじいろのさかな

1歳児(すくすく) 1月期 第3回

学習タイム

・活動1:  …キラキラ光るきれいな「にじうお」にしましょう。
・活動2:  …「にじうお」と一緒に泳いだり、楽しく踊ったりしましょう。
・数にチャレンジ …無くなったうろこの〇とうろこ(シール)の数(3こ)を数えましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

この絵本のキラキラ光るうろこにひきつけられ、演出効果は抜群です。「なぜ?」「どうして?」のこの時期に、キラキラ光るうろこは神秘的で不思議な魅力でいっぱいです。「どうしてほかの魚に嫌われちゃったの?」と聞くと、年齢によって理解は様々です。子どもの心にストレートにメッセージを伝え、子どもと一緒にいろいろ考えるきっかけにもなります。この絵本は対象年齢の幅も広く、成長段階によって興味や感じ方も違ってきます。まだまだ大人の説明が必要な時期ですが、何度も読み返すうちに多くを学び、感じ取ることができるようになる1冊です。今の時期は難しいことを言わず、キラキラ光るうろこを親子で楽しむと良いでしょう。

今週の絵本

「にじいろのさかな」
講談社

マーカス・フィスター/作
谷川俊太郎/訳

第31回:とだな

1歳児(すくすく)2月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…戸棚の中の道具でお料理しましょう。最後に道具をきれいに片づけましょう。
・活動2:P2…おいしいお料理をお皿の中にのせましょう。
・数にチャレンジ …折り紙の数を数えましょう(3枚)※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

子どもの日常生活そのものを、谷川俊太郎が美しい日本語で訳したこの絵本、子どもの視点から描かれた絵と、短くて素直なひとり言のようなユニークな表現が、子どもの心の中にスッと入っていくようです。少し皮肉なことばでお片づけを意識させているのもユーモアたっぷりです。ご家庭でもおままごと遊びを通して、台所にあるものの道具の名前をおぼえたり、料理中はどんな音がするか、どんな匂いがしてくるかなど、五感を刺激しながらコトバを意識していくのはいかがでしょうか。1年後には語彙が豊富になり、豊かな言語表現のできる素晴らしい子どもになることでしょう。

今週の絵本

「とだな」
冨山房

ジョン・バーニンガム/作
谷川俊太郎/訳

第32回:しろくまちゃんのほっとけーき

1歳児(すくすく) 2月期 第2回

学習タイム

・活動1:  …一緒にホットケーキを作りましょう。
・活動2:P1…ホットケーキにお砂糖をかけたり、はちみつをかけたりして美味しいホットケーキに仕上げてから皆で食べましょう。
・数にチャレンジ …お皿のおはじきを数えて(3こ)お腹空かせたおともだちにあげましょう。

おうちの方へ

かわいい動物たちが楽しそうに登場し、お弁当を食べようと、それぞれのお弁当を広げ、おいしそうなものがたくさん登場します。春の陽射しを受け、思わずこの絵本のように家族でお弁当を持ってお出かけしたくなります。外遊びにも興味関心を持つ年齢です。インとアウトの活動にメリハリをつけましょう。この絵本の最後のページでは、だれのお弁当か当てっこゲームを楽しむこともできます。動物たちがお弁当を食べる場面では、「かりかり」「もくもく」「ぱくぱく」「むしゃむしゃ」「こりこり」「もぐもぐ」「ぺちょぺちょ」「ぱっくん」「しゃりしゃり」と、いろいろなコトバで動物と食べるお弁当の様子を表現しているのも興味深い1冊です。

今週の絵本

「しろくまちゃんのほっとけーき」
こぐま社

わかやまけん/作

第33回:わたしのワンピース

1歳児(すくすく) 2月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…折り紙を三角に折って素敵なウサギのワンピースにしてあげましょう。
・活動2:P2…先生のワンピースにお花を付けてもっと素敵なワンピースにしてあげましょう。
・数にチャレンジ …1人「3まい」お花を数えながら取りましょう。※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

1969年に第1刷が発行されて以来、40年以上も親しまれているロングセラーの絵本です。空から落ちてきたまっしろなきれからお話が始まります。お散歩をすると、季節に合ったいろいろな柄のワンピースに変わっていきます。花や水玉、草の実や空を飛ぶ鳥、虹や夕焼け、そして星の模様になっていきます。読み進める子どもたちにとっては、色の刺激を受けたり、四季を感じ取ったりと、絵本の中から獲得するものがたくさんあることでしょう。先ずは「ラララン!ロロロン!」とリズムを楽しみながら一緒に口ずさみ、読み進めてみてください。

今週の絵本

「わたしのワンピース」
こぐま社

にしまきかやこ/絵・文