東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

すくすくバックナンバー

第1回:みんなでね

1歳児(すくすく) 4月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …キューピーと一緒に楽しく遊びましょう。
・活動2:  …お家の中に入って仲良く寝かせてあげましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、まついのりこのあかちゃんのほん「みんなでね」です。幼いころの愛子内親王殿下が大変に興味を持たれ、愛読書と言われている絵本です。話し言葉などは少し幼く表現されていますが、日常生活での出来事が愉快に創作されています。ブランコや滑り台、かくれんぼ、そしてトイレやお風呂の生活習慣が事細かく描かれています。また、外での自然との関わりなどを知る年齢でもあります。すくすくクラスにふさわしい成長とタイミングを実感した1冊です。子どもの1つ1つの絵を観察しながら見ていきましょう。

今週の絵本

「みんなでね」
偕成社

まつい のりこ / 作

第2回:くまさん くまさん なにみてるの?

1歳児(すくすく) 4月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…①青い馬を緑の野原に走らせてあげましょう。
②赤い鳥を青い空に飛ばせてあげましょう。
・活動2:P2…金魚に黄色のうろこを貼ってあげましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は「くまさん くまさん なにみてるの?」です。世界的に有名なエリック・カールは多くの絵本を描いています。「はらぺこあおむし」や「たんじょうびのふしぎなてがみ」などは有名です。その他にもエリック・カールの作品は本屋に行くとたくさん目にすることができます。
この絵本は、「お母さんが子どもたちを見ている」というところが不思議な安心感をかもしだしています。最後の場面は温かさが十分に伝わってきます。そしてカラフルで美しい動物たちも魅力です。擬音や擬態語を多く入れて、動物の特徴を分かりやすく話してあげましょう。

今週の絵本

「くまさん くまさん なにみてるの?」
偕成社

ビル・マーチン  / 文
エリック・カール / 絵

第3回:くだもの

1歳児(すくすく) 4月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…お買い物ごっこをしましょう。
・活動2:  …美味しいいちごを作りましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、平山和子作の「くだもの」です。果物のみずみずしさが伝わってくる丁寧な描写で描かれた絵本です。遠くから甘酸っぱい匂いがして思わず手を伸ばし、口に入れたくなります。大きくカラフルに描かれた絵は本物そっくりで、とても美味しそうです。果物を食べるときの、「サクッサクッ」「ツルツル」の音が聞こえそうです。「さぁ、どうぞ」の言葉に合わせ、感覚行動を行い、五感を刺激してください。子どもにとってこれからは1番食べ物が身近に感じる時期になってきます。今回の授業では、絵本を通じて色や果物の名前、音や匂いなどすべての感覚をバランスよく刺激していきます。

今週の絵本

「くだもの」
福音館書店

平山 和子 / 作

第4回:たべたの だあれ

1歳児(すくすく) 5月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…「ライオンさん何たべた?」いちごシールを(鼻に)貼りましょう。
「ぞうさん何たべた?」さくらんぼシールを(しっぽに)貼りましょう。
・活動2:P2…リズムに合わせ、タッピングや色塗りをしましょう。
・数チャレ: …「くらべっこ!どっちが多い?(5:2)」

おうちの方へ

この時期の子どもたちは形に対する関心が次第に強くなっていきます。イチゴを食べたライオンは鼻がイチゴ。サクランボやドーナッツ、目玉焼きやブドウ…などなど、どれも日常の生活で目にしているものばかりです。最後のページのアイスクリームを探すことはできるでしょうか? 何度も見るうちにわかるようになってきた子どもたちは、目の輝きが違ってきて「ここにあった! あそこにあった!」と、あっという間に五味太郎ワールドへ引き込まれていきます。気がつけば、夢中で楽しんでいる絵本です。「どうぶつあれあれえほん」とシリーズ名がついた、子どもの視点が磨かれる1冊です。

今週の絵本

「たべたの だあれ」文化出版局
五味 太郎 / 作


第5回:でんしゃにのって

1歳児(すくすく) 5月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…「うららちゃん」を電車に乗せてあげましょう。
・活動2:P2…大きい(小さい)くまさん大きい(小さい)りんごを貼りましょう。
・数チャレ: …「くらべっこ!どっちが多い?(5:2)」

おうちの方へ

うららちゃんシリーズの1冊。電車に興味を持っているこの時期には、たまらなく愉快な絵本です。電車に乗ったその時から、コトバの歯切れの良さがはじまり、ほのぼのとした動物たちの、思いやりの気持ちがいっぱい表現されています。
また、コトバもわかりやすく「ガタゴト-」「はい、おじゃましますよ」「おや、まんいん…」「つぎはぞうだーぞうだー」「あ、きっぷ!」「ありがとう」など生活に身近なコトバを子どもはすぐにおぼえます。「ガタゴトー」と言いながら、一緒に電車に乗った気分になってこの本を読んでみましょう。

今週の絵本

「でんしゃにのって」アリス館
とよた かずひこ  / 作


第6回:おんなじ おんなじ

1歳児(すくすく) 5月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…お買い物ごっこをしましょう。
・活動2:  …美味しいいちごを作りましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、平山和子作の「くだもの」です。果物のみずみずしさが伝わってくる丁寧な描写で描かれた絵本です。遠くから甘酸っぱい匂いがして思わず手を伸ばし、口に入れたくなります。大きくカラフルに描かれた絵は本物そっくりで、とても美味しそうです。果物を食べるときの、「サクッサクッ」「ツルツル」の音が聞こえそうです。「さぁ、どうぞ」の言葉に合わせ、感覚行動を行い、五感を刺激してください。子どもにとってこれからは1番食べ物が身近に感じる時期になってきます。今回の授業では、絵本を通じて色や果物の名前、音や匂いなどすべての感覚をバランスよく刺激していきます。

今週の絵本

「おんなじ おんなじ」こぐま社
多田 ヒロシ / 作