東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

すくすくバックナンバー

第1回:みんなでね

1歳児(すくすく) 4月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …キューピーと一緒に楽しく遊びましょう。
・活動2:  …お家の中に入って仲良く寝かせてあげましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、まついのりこのあかちゃんのほん「みんなでね」です。幼いころの愛子内親王殿下が大変に興味を持たれ、愛読書と言われている絵本です。話し言葉などは少し幼く表現されていますが、日常生活での出来事が愉快に創作されています。ブランコや滑り台、かくれんぼ、そしてトイレやお風呂の生活習慣が事細かく描かれています。また、外での自然との関わりなどを知る年齢でもあります。すくすくクラスにふさわしい成長とタイミングを実感した1冊です。子どもの1つ1つの絵を観察しながら見ていきましょう。

今週の絵本

「みんなでね」
偕成社

まつい のりこ / 作

第2回:くまさん くまさん なにみてるの?

1歳児(すくすく) 4月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…①青い馬を緑の野原に走らせてあげましょう。
②赤い鳥を青い空に飛ばせてあげましょう。
・活動2:P2…金魚に黄色のうろこを貼ってあげましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は「くまさん くまさん なにみてるの?」です。世界的に有名なエリック・カールは多くの絵本を描いています。「はらぺこあおむし」や「たんじょうびのふしぎなてがみ」などは有名です。その他にもエリック・カールの作品は本屋に行くとたくさん目にすることができます。
この絵本は、「お母さんが子どもたちを見ている」というところが不思議な安心感をかもしだしています。最後の場面は温かさが十分に伝わってきます。そしてカラフルで美しい動物たちも魅力です。擬音や擬態語を多く入れて、動物の特徴を分かりやすく話してあげましょう。

今週の絵本

「くまさん くまさん なにみてるの?」
偕成社

ビル・マーチン  / 文
エリック・カール / 絵

第3回:くだもの

1歳児(すくすく) 4月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…お買い物ごっこをしましょう。
・活動2:  …美味しいいちごを作りましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、平山和子作の「くだもの」です。果物のみずみずしさが伝わってくる丁寧な描写で描かれた絵本です。遠くから甘酸っぱい匂いがして思わず手を伸ばし、口に入れたくなります。大きくカラフルに描かれた絵は本物そっくりで、とても美味しそうです。果物を食べるときの、「サクッサクッ」「ツルツル」の音が聞こえそうです。「さぁ、どうぞ」の言葉に合わせ、感覚行動を行い、五感を刺激してください。子どもにとってこれからは1番食べ物が身近に感じる時期になってきます。今回の授業では、絵本を通じて色や果物の名前、音や匂いなどすべての感覚をバランスよく刺激していきます。

今週の絵本

「くだもの」
福音館書店

平山 和子 / 作

第4回:たべたの だあれ

1歳児(すくすく) 5月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…「ライオンさん何たべた?」いちごシールを(鼻に)貼りましょう。
「ぞうさん何たべた?」さくらんぼシールを(しっぽに)貼りましょう。
・活動2:P2…リズムに合わせ、タッピングや色塗りをしましょう。
・数チャレ: …「くらべっこ!どっちが多い?(5:2)」

おうちの方へ

この時期の子どもたちは形に対する関心が次第に強くなっていきます。イチゴを食べたライオンは鼻がイチゴ。サクランボやドーナッツ、目玉焼きやブドウ…などなど、どれも日常の生活で目にしているものばかりです。最後のページのアイスクリームを探すことはできるでしょうか? 何度も見るうちにわかるようになってきた子どもたちは、目の輝きが違ってきて「ここにあった! あそこにあった!」と、あっという間に五味太郎ワールドへ引き込まれていきます。気がつけば、夢中で楽しんでいる絵本です。「どうぶつあれあれえほん」とシリーズ名がついた、子どもの視点が磨かれる1冊です。

今週の絵本

「たべたの だあれ」文化出版局
五味 太郎 / 作


第5回:でんしゃにのって

1歳児(すくすく) 5月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…「うららちゃん」を電車に乗せてあげましょう。
・活動2:P2…大きい(小さい)くまさん大きい(小さい)りんごを貼りましょう。
・数チャレ: …「くらべっこ!どっちが多い?(5:2)」

おうちの方へ

うららちゃんシリーズの1冊。電車に興味を持っているこの時期には、たまらなく愉快な絵本です。電車に乗ったその時から、コトバの歯切れの良さがはじまり、ほのぼのとした動物たちの、思いやりの気持ちがいっぱい表現されています。
また、コトバもわかりやすく「ガタゴト-」「はい、おじゃましますよ」「おや、まんいん…」「つぎはぞうだーぞうだー」「あ、きっぷ!」「ありがとう」など生活に身近なコトバを子どもはすぐにおぼえます。「ガタゴトー」と言いながら、一緒に電車に乗った気分になってこの本を読んでみましょう。

今週の絵本

「でんしゃにのって」アリス館
とよた かずひこ  / 作


第6回:おんなじ おんなじ

1歳児(すくすく) 5月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…お買い物ごっこをしましょう。
・活動2:  …美味しいいちごを作りましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、平山和子作の「くだもの」です。果物のみずみずしさが伝わってくる丁寧な描写で描かれた絵本です。遠くから甘酸っぱい匂いがして思わず手を伸ばし、口に入れたくなります。大きくカラフルに描かれた絵は本物そっくりで、とても美味しそうです。果物を食べるときの、「サクッサクッ」「ツルツル」の音が聞こえそうです。「さぁ、どうぞ」の言葉に合わせ、感覚行動を行い、五感を刺激してください。子どもにとってこれからは1番食べ物が身近に感じる時期になってきます。今回の授業では、絵本を通じて色や果物の名前、音や匂いなどすべての感覚をバランスよく刺激していきます。

今週の絵本

「おんなじ おんなじ」こぐま社
多田 ヒロシ / 作

第7回:おさんぽ おさんぽ

1歳児(すくすく)6月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…カエル(カタツムリ)はどっち?
・活動2:P2…折り紙をクシャクシャ握り、アジサイの花にしましょう。
・数にチャレンジ …カエル(カタツムリ)の数を数えましょう。

おうちの方へ

この絵本は梅雨時のお散歩の様子や情景が足元目線で描くことでいきいきと伝わり臨場感があります。この時期の子どもは日常的な生活習慣が徐々に身につき、自分の靴や洋服なども少しずつ自分で脱ぎ着できるようになってきます。なぜ雨の時には傘をさすのか?長靴を履くのか?を考えたり、お天気に興味を持ったりもします。また、生活に必要な道具に興味を持ち視野が大きく広がる時期でもあります。ぜひこの絵本を通して親子で一緒になって雨上がりの様子をワクワクしながら楽しんでみてください。

今週の絵本

「おさんぽ おさんぽ」
福音館書店

ひろのたかこ/作

第8回:はいはい のんのん どっちゃんこ

1歳児(すくすく) 6月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…お話を思い出し、ぞうカードを使って一緒に遊びましょう。
・活動2:P2…ぞうには大きいりんご、かめには小さいりんごをあげましょう。
・数にチャレンジ …5対2どちらが多い?

おうちの方へ

絵と内容にマッチした擬態語が愉快に並び、子どもたちの興味をそそります。絵も、子どもにとってはわかり易く、子どもが大好きな身近に感じる動物ばかりが登場します。また、文章に使われている音の表現も可愛く「にこにこ とっとこ」「ぺたぺた ぺたすけ」「のそのそ のんのん」「わっせの わっせ」等など動物のやってくる様子がことばで表現されています。それらが繰返し反復され、いつしか口ずさむようになります。オノマトペを活用した代表的な本とも言えるでしょう。こんなに愛らしい可愛い絵本なのに、残念ながらこの本は絶版になってしまいました。興味のある方は是非古本を探してみてください。

今週の絵本

「はいはい のんのん どっちゃんこ」
小峰書店ビル

かこ さとし/作

第9回:ぱくぱくたべたら はみがきだ!

1歳児(すくすく) 6月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…クレヨンでごしごし色を塗って、むしばきんを退治しましょう。
・活動2:P2…くまにパンを食べさせてあげましょう。食べたら歯みがきをしましょう。
・数にチャレンジ …パンを2こ取りましょう。

おうちの方へ

「歯みがき」は毎日の習慣、楽しく行えるのが一番ですが、お子さんは楽しく「歯みがき」していますか?
「歯みがき」をテーマにした絵本はたくさん出版されています。今週の絵本は「虫歯になると痛いから歯をみがく」という視点ではなく、「歯みがきって楽しいな」と思えるような内容でお話が展開されています。しかけをめくると「上の歯ごしごし」「下の歯ごしごし」と変化するところも楽しいですね。歯みがきだけでなく、洗顔、着替え、片付けなどの生活する力もこんなふうに楽しく身につけてほしいと思います。是非このような生活絵本をご家庭でも楽しんで読み、興味を広げてみてください。

今週の絵本

「ぱくぱくたべたら はみがきだ!」
世界文化社

きむらゆういち/作
みやもとえつよし/絵

第10回:はらぺこあおむし

1歳児(すくすく)7月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1… 「はらぺこあおむし」を作りましょう。そしてお腹を空かせているあおむしさんにリンゴを2こあげましょう。
・活動2:P2… ちょうちょに色をぬりましょう。
・数にチャレンジ … <活動1>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

だれもが本屋さんで目にする有名な絵本。色使いが見事なこの本は、世界的に有名なエリック・カールが妹のクリスターにささげた本です。仕掛け絵本の楽しさももちろんですが、卵からかえってちょうちょになるまでの様子がわかり、子どもには魅力がいっぱいです。途中のあおむしの様子にハラハラ、ドキドキ、ワクワクさせられ、夢中になります。1ページめくるごとに新しい世界が広がり、変化に富んだ展開をしていきます。また、コトバの使い方が楽しく表現されていて、自然とコトバも覚えます。食育の面でも、最後にきれいなちょうちょになれたように、子どもたちにもご飯をいっぱい食べるように自然と語りかけてくれる1冊です。

今週の絵本

「はらぺこあおむし」
偕成社

エリック・カール/作
もりひさし/訳

第11回:ねてるの だあれ

1歳児(すくすく) 7月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…真ん中にシールを貼って「ほおずき」を作りましょう。
・活動2:P2…そらまめの赤ちゃんを折り紙で丸めて作り、寝かせてあげましょう。
・数にチャレンジ …①指さして「2個」を数えましょう。
②多数の中から「2個(枚)」取りましょう。
※それぞれ<活動1・2>の中で実施します。

おうちの方へ

登場する絵は、どれもとてもリアルに描かれ柔らかいタッチで、触りたくなるような優しい絵です。「ねてるのだあれ」という掛け声と共に、次第に寝ている赤ちゃんの種類が増えていきます。この絵本に出会う頃には、野菜や果物などの食べ物に関心を持ち始めます。形や色にも興味を持つようになります。また感覚器官が育つ時期ですから、たくさん感覚行動を行い、五感を育てていきましょう。つるつる、ざらざらなどの触った感触・あまーい匂いや味・酸っぱそうな匂いや味などおうちにある野菜や果物でも感覚行動ができますね。そんな時、かくれている「赤ちゃん」を起こさないように、優しくそっと扱ってみてくださいね。

今週の絵本

「ねてるの だあれ」
福音館書店

神沢利子/作
山内ふじ江/絵

第12回:おべんとうなあに?

1歳児(すくすく) 7月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…欲しいものを伝えてお買物をしましょう。
・活動2:P2…おいしそうな色でお弁当を塗りましょう。
・数にチャレンジ …5対2どちらが多い?多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

この絵本はともだちだいすきシリーズの「2」です。少しずつまわりの事がわかってくるこの時期は、お友だちにも興味を示していきます。3シリーズあり、どの内容もあたたかい気持ちになります。絵や色やタッチが優しく、絵をみるだけでストーリーが伝わってきます。擬音使いも動きがあり、背景がより身近に感じられます。そして登場する動物たちのほのぼのとした表情や様子が、子どものハートを惹きつけます。みんなで楽しく遊んだ後はお弁当。「おべんとうなあに?」とそれぞれ見せ合います。中身はバラエティーに富んでいてお家の方も必見、参考になりそうです。子どものそばに置いておきたい心温まる1冊です。

今週の絵本

「おべんとうなあに?」
偕成社

山脇恭/作
末崎茂樹/絵

第13回:おはよう あさごはん

1歳児(すくすく)8月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…赤い〇の真ん中(トマトの真ん中)に緑のシール(トマトのへた)を貼りましょう。
・活動2:P2…お皿の中の食べ物にごしごし色を塗って美味しそうなご馳走にしましょう。
・数にチャレンジ …今回は<活動1>を数のチャレンジとします。

おうちの方へ

日常には食べ物があふれています。子どもは身近な食べ物から関心を持つのではないでしょうか。特に、おうちの方がお料理する姿を子どもは興味を持って見ています。この絵本では、日常の日本の食事が楽しく紹介されています。コトバも「ほかほか ごはん」「ほわほわ おみそしる」「とぽとぽ おちゃ」など、楽しく表現されていておいしそうです。お皿やコップから湯気まで伝わってきそうです。是非この機会に、食べ物だけではなく、日本の文化であるお茶碗やお椀、小鉢や箸などの並べ方など、子どもの躾にも役立たせてください。日々の生活の中でのちょっとした働きかけから、食事のマナーなども身についていきます。

今週の絵本

「おはよう あさごはん」
ひさかたチャイルド

真珠 まりこ/作・絵

第14回:やさいさん

1歳児(すくすく) 8月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…にんじんさん・だいこんさんと仲良くあそびましょう。
・活動2:P2…にんじんはいくつありますか?数を数えてにんじん色に塗りましょう。
・数にチャレンジ …今回は<活動2>を数のチャレンジとします。

おうちの方へ

どの家庭にも買い置きしてあるおなじみの野菜が沢山登場する認識絵本です。この時期の子どもたちは食べることに大変に興味を持ちます。野菜の仕掛け絵本は子どもにはたまりません。「いない いない バァ」の様に楽しいのでしょう。「やさいさん やさいさん だあれ」「すっぽーん にんじんさん」と、擬音語も擬態語も素晴らしく、雰囲気を盛上げてくれます。仕掛けを開ける瞬間が楽しく、野菜が好きになれそうです。根菜の葉っぱの部分を見る機会は少ないですが、これを機会に特徴をとらえたりして、野菜の世界を広げてください。自然と食育にもつながっていきます。

今週の絵本

「やさいさん」
学研教育出版

tupera tupera /作

第15回:おばけだぞぉー!

1歳児(すくすく) 8月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…パコームと友だちにシールをわけっこして貼りましょう。
・活動2:P2…パコーム人形を作って遊びましょう。
・数にチャレンジ …今回は<活動1>を数のチャレンジとします。

おうちの方へ

なかよしおばけシリーズの中の1冊です。「おばけパーティー」「おばけ びょうきになる」「おばけ、ネス湖へいく」「おばけ まほうにかかる」「おばけの地下室たんけん」等、ほるぷ出版から発行されています。生活感があるおばけの作品は、ユニークな魅力でいっぱいです。いたずらが大好きでお茶目なおばけのパコームは、絵本の中でも子どもたちと一緒になって遊んだり、隠れたり大活躍。みんなもかわいいおばけのパコームになって、お話したり身体を動かしたりして楽しく遊びましょう。

今週の絵本

「おばけだぞぉー!」
ほるぷ出版

ジャック・デュケノワ/作
おおさわあきら/訳

第16回:くらいくらい

1歳児(すくすく)9月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…このかげはだれでしょう。
・活動2:P2…影と同じ形(パズル)を置きましょう。
・数にチャレンジ:…多いのどっち?

おうちの方へ

「まっくら くら くら くらーい くらい」の言葉で進行します。電気をつけたり消したりすることに興味を持つこの時期にぴったりな1冊です。一瞬のうちに暗い闇の中から明るい光ある世界へと変わり、かわいい動物たちが姿を現します。暗い闇の中のページを見ながら、「電気をつけると誰が出てくるかな?」と問いかけることで、シルエットから子どもたちの想像力をかきたてることができます。言葉のリズムと「明るい」「暗い」の変化にスリルを味わうことができる、愉快なそしてとても楽しめる絵本です。

今週の絵本

「くらいくらい」
福音館書店

はせがわせつこ /文
やぎゅうげんいちろう/絵

第17回:とってください

1歳児(すくすく) 9月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…「とってください」「ありがとう」の言葉を言ってみましょう。くまさんのためにはりんご、りすさんのためにはみかんを取ってもらってそれぞれの動物に貼ってあげましょう。
・活動2:P2…木にくだものいっぱい実らせてどうぶつさんたちに取ってあげましょう。
・数にチャレンジ:…おはじき「2こ」とってください。

おうちの方へ

絵の色がきれいで見れば見るほどリアルにとても丁寧に描かれているこの絵本。動物たちの微笑ましい会話を聞くと心が安らぎます。「とってください」「ありがとう」の繰り返しがテンポよく展開し見ている方もちょこんと頭をさげたくなります。この時期子どもは年上の子に憧れ、同じことをしたくなります。また、人の物を欲しくなったり、うらやましがったりもします。そんな時期だからこそ、心優しい動物たちのやりとりがみごとに表現されたこの1冊に出会わせてあげたいと思います。

今週の絵本

「とってください」
福音館書店

福知 伸夫/作

第18回:どうすればいいのかな?

1歳児(すくすく) 9月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…プリントのクマさんのふさわしい場所に、シャツ・パンツ・帽子・靴を着用させてあげましょう。
・活動2:P2…クマさんはどこで遊んでいますか。一緒に楽しく遊びましょう。
・数にチャレンジ …おはじき「2こ」取ってくまさんにあげましょう。
※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

この時期の子どもたちが一生懸命に練習している「衣服の着脱」をテーマにした絵本です。シャツの着方や帽子のかぶり方、靴やパンツのはき方などクマさんが一生懸命と着脱している姿は応援したくもなります。クマさんをみて衣服の着脱方法などのお手本になると良いです。今日から少しずつ自分でできる簡単なことはぜひチャレンジさせてみてください。はじめは上手にできなくても、応援し、見守り、できたらほめてあげること。それがお子さんの「自立」への第一歩です。

今週の絵本

「どうすればいいのかな?」
福音館書店

わたなべしげお/文
おおともやすお/絵

第19回:なにをたべてきたの?

1歳児(すくすく)10月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…しろぶたくんのたべたものはなあに?
・活動2:P2…クレヨンで色をぬり、甘くておいしいメロンにしましょう。
・数にチャレンジ:…おはじき「2こ」とってください。

おうちの方へ

食べ物に興味がでてきた年頃から楽しめる1冊です。かわいい絵とストーリーの中に、しろぶたくんの表情がいきいきと表現されています。しろぶたくんは、リンゴ・レモン・メロン・ブドウと食べていきますが、お腹の中に食べたものの色が透けてみえます。子どもたちの好奇心をくすぐります。どんどん色が増えていき色もとてもきれいです。最後には石鹸を食べてお腹の中が「ぷくん ぷくん」となり、シャボン玉になって全部の色と一緒に飛んでいってしまいますが、よく見るとしろぶたくんが大きく成長しています。今週の絵本は色を一致させたり変化に気がついたりと、子どもの観察力を多く刺激していきます。

今週の絵本

「なにをたべてきたの?」
佼成出版社

岸田衿子/文
長野博一/絵

第20回:かくれんぼ かくれんぼ

1歳児(すくすく) 10月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…ぞうとねずみの大きさを比べてそれぞれにあったドアに入れてあげましょう。
・活動2:P2…おにさんを雲で隠してあげましょう。
・数にチャレンジ:…動物さんとドアいくつある?
※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

想像力と期待を膨らませてくれる斬新奇抜な着想で描かれています。絵が可愛いらしく、コトバのリズムが気持ちよく動物に変化する場面が愉快です。また、大きさ比べができ、「比べる」ことを意識している絵本です。大きさの違う可愛い動物たちが、たくさん出てくるのも魅力の1つです。子ども(小さい)から見た世界と、私たち大人(大きい)が見た世界とでは、こんなに違うものかと驚いてしまいます。視点の違いや視点の変化の面白さを親子で確かめ、楽しんで読んでください。

今週の絵本

「かくれんぼ かくれんぼ」
偕成社

五味太郎/作

第21回:ぎったん ばっこん

1歳児(すくすく) 10月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…「ぎったん ばっこん」と、シーソーを動かしてみましょう。
・活動2:P2…シーソーに動物カードを乗せましょう。2種類の動物の大きさ(重さ)に合わせてシーソーを動かしましょう。
・数にチャレンジ …リンゴを「2こ」取って動物さんに一人に一つあげましょう。
※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

小さいお子さまから大きいお子さままで楽しめる絵本で、興味を持つところもいろいろです。小さいお子さまには動物たちの遊ぶ姿や擬音と共に、シーソーの動きも楽しんでいきましょう。3歳頃からは登場した動物や数に興味を持ちます。また、シーソーの動きにも目を配るようになり「つりあい」「バランス」など、比較する目を養います。それぞれ感じ方はありますが「重い⇔軽い」「大きい⇔小さい」「高い⇔低い」を何度も話し、比較の言葉が出てくることで絵本を楽しみ、重さ比べが頭で理解できるようになってきます。

今週の絵本

「ぎったん ばっこん」
文化出版

なかえよしお/文
上野紀子/絵