東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

きらきらバックナンバー

第1回:ティッチ

2歳児(きらきら) 4月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…それぞれの身体の大きさにあった洋服を選んで貼りましょう。
・活動2:P2…自転車に合う大きさのタイヤを選んで貼りましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は1975年の発刊以来40年以上読み継がれている「ティッチ」です。この絵本の主人公ティッチは三人きょうだいの末っ子。お兄さんお姉さんに比べると身体も、使える道具も小さくて、何をやってもかないません。いつも悔しい思いをしていたティッチ。でも、そんなティッチが小さな種をまいて、一生懸命育てた苗が最後にはお兄さんやお姉さんよりも大きく育って二人を驚かせます。「どうだ、まいったか。」とても誇らしげなティッチの表情がほのぼのとやさしい絵で描かれていて、思わず顔がほころんでしまいます。誰もが経験する年上のお兄さん、お姉さんや大人への憧れと「追いつきたい」という気持ち。「小さくてもいいんだよ。これからがんばればできるんだよ。」そんな作者の穏やかなメッセージが聞こえてくるようです。いつか作者のメッセージが届くように読み続けていきたい1冊です。

今週の絵本

「ティッチ」
福音館書店

パット・ハッチンス / 作・絵
いしい ももこ /訳

第2回:かわいい てんとうむし

2歳児(きらきら) 4月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…テントウムシは何匹いるか、指をさしながら数えてみましょう。
・活動2:  …大小のてんとうむしの背中に模様をつけてあげましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は「かわいい てんとうむし」のしかけ絵本です。表紙には、色とりどりのかわいいテントウムシが10匹ならんでいて、思わず手でさわりたくなるような絵本です。
この絵本では10匹のテントウムシが絵本のしかけによって1匹ずつ減っていきます。しだいにテントウムシの数が少なくなっていくので、消えたテントウムシはどこにいったのだろうと子どもたちは思っているのではないでしょうか。数への興味は個人差があります。10まで数えられることより、今は「3つ」を意識して声をかけてあげると良いですね。おやつのおせんべいを3枚取ったり、3枚のお皿に1つずつ分けたりして…
今回の絵本のテントウムシは1匹ずつ減っていきますが、逆のページから読んで1匹ずつ増やしたりもできます。また、テントウムシだけでなく絵の中に出てくる生き物やお花などを通して、数を数えることができます。この絵本を通して数への興味につながってくれると良いと思います。

今週の絵本

「かわいい てんとうむし」
大日本絵画

メラニー・ガース / 作
ローラ・ハリスカ・ベイス / 絵
きたむら まさお /訳

第3回:たけのこにょきにょき

2歳児(きらきら) 4月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…1番高いたけのこはどれでしょう。そのたけのこにシールを貼りましょう。
・活動2:  …新聞紙の「たけのこ」の背を伸ばして一番背の高いたけのこにしてみましょう。
伸ばしたり縮めたりして楽しく遊びましょう。

おうちの方へ

今週のお話は「たけのこにょきにょき」です。コトバの少ない絵本ですが、「ほいさ ほいさ ほいさ」「たったか たったか たったったっ」「う~ん う~ん」絵本のタイトルの「にょきにょき」など擬音の表現が軽快で、モグラの気持ちや行動が手に取るように伝わってきます。この時期は五感を通しての活動を沢山取り入れて、心豊かな子どもたちに成長してくれるよう願っています。ご家庭でも是非身近なものを使って五感を刺激してみてはいかがでしょうか。例えば、新聞紙を破るとき、どんな音が聞こえてくるでしょうか。「ビリビリ」「シャーッ」ハサミで切ると「ジョキジョキ」また丸めてみたらどんな音がするでしょうか。「ガサガサ」「くしゅっ」「ごわごわ」触ってみたらどんな感じがするでしょうか。「さらさら」「すべすべ」「ごつごつ」「ふにゃふにゃ」といったように、新聞紙1枚使うだけでも沢山の五感を使って感じる事ができますね。

今週の絵本

「たけのこにょきにょき」
至光社

いもと ようこ / 絵・文

第4回:ももたろう

2歳児(きらきら) 5月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…「ももたろう」はどの果物から生まれましたか?選んで色を塗りましょう。
・活動2:P2…ももたろうのおともをした3びきに、きび団子を1つずつあげましょう。
・活動3;P3…モモカードを開いたり閉じたりして遊びましょう。

おうちの方へ

日本五大昔話の1つ『ももたろう』は「勇気や力」「知恵」を備えた理想的な子ども像として親しまれてきました。また、ももたろうが生まれたモモは昔から邪気をはらう力があるとして信じられていました。「シアタータイム」ではこのような昔話にふれることで、日本の文化や言葉を理解し、知的好奇心の世界を広げていくことができると考えています。また、子どもに深い知恵を与え、心を豊かにしていくことは、人の心を理解したり自分を表現したりすることにもつながります。ぜひ幼児期に多くの昔話にふれ、子どもたちの思考を伸ばしてあげてください。

今週の絵本

「ももたろう」岩崎書店
いもと ようこ / 文・絵


第5回:ぶたさんいっかの やまのぼり

2歳児(きらきら) 5月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…ぶたさん一家、それぞれに合う帽子をかぶせてあげましょう。
・活動2:P2…大きさの違う「3こ」のおにぎりに合う梅干を選んで貼りましょう。
・数チャレ: …ぶたさんと帽子の数を数えましょう。
おにぎりとうめぼしの数を数えましょう。

おうちの方へ

ぶたさん一家は楽しみにしていたお弁当を早く食べたいために、せっかくの景色も見ずにどんどんとひたすら頂上を目指して山を登ります。ですが頂上に着き、お弁当を食べていると、あとから来た動物の親子が「きれいな花が咲いていた」とか、「小鳥が鳴いていた」とか、「小川に魚がいっぱいいた」とか、「すごい滝があった」とか、お話しているのを耳にします。ぶたさん一家は先を急ぐばかりに何も見ていなかったことに気づき、帰りはゆっくり景色を楽しみながら、山を下りて行きます。子育てでもそんな時があるように感じます。大事な時期に大切なことを慌てず焦らずしっかりと見ていきたいですね。時には、急がず「ゆっくり」「のんびり」することの大切さを教えてくれる1冊です。

今週の絵本

「ぶたさんいっかの やまのぼり」
すずき出版

浅沼とおる / 作・絵


第6回:かばくん

2歳児(きらきら) 5月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…1番大きい動物を大きな○で囲みましょう。
1番小さい動物を小さな○で囲みましょう。
・活動2:P2…りんごシールをたくさんカバの口の中に貼りましょう。
・数チャレ: …動物の数を数えて同じ数のおはじきをとり、1つずつ動物さんにあげましょう。

おうちの方へ

1966年発刊で長い間読み継がれてきた絵本です。ストーリーは動物園でのカバの1日を描いたシンプルなものですが、何といってもコトバが簡潔で、耳と心に残り大変魅力的、またこの絵本の大きな特徴が、視点が動物園に住むかばくん側からになっているところ。動物園が開園し、子どもたちがぞろぞろとやってくる様子を「きたきたきたきた きたきたきたきた」というシンプルなコトバで表現し、それと共にいろいろな履物を履いた子どもたちの足が描かれているのです。下駄を履いている子どもがいるあたりは歴史を感じますね。

今週の絵本

「かばくん」福音館書店

岸田 衿子  / 作
中谷 千代子 / 絵

第7回:ちょっとだけ

2歳児(きらきら) 6月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…折り紙をちぎってコップに貼り、美味しいジュースを作りましょう。
・活動2:  …台拭きでテーブルをきれいに拭きましょう。
・数にチャレンジ …5対3で多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

主人公なっちゃんの気持ちが痛いほどによくわかります。おうちの方にとっても、我が子と置き換えて考え、心打たれる1冊となるでしょう。目に見えない我慢をしている我が子の姿を少なからず感じるものがあるのではないでしょうか。子どもたちもいずれはこの状況を体験することかもしれません。本は自分の生活を照らし合わせることもできますし、また、違う世界を体験することもできます。この本を通して、日頃の子育ての様子について振返り考えてみるのもよいのではないでしょうか。子どもの成長時に相応しい1冊です。

今週の絵本

「ちょっとだけ」
福音館書店

瀧村有子/作
鈴木永子/絵

第8回:ちいさな きいろい かさ

2歳児(きらきら) 6月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…上の点から下の点までまっすぐな線でつないで、雨をたくさん書きましょう。
・活動2:P2…傘の大きさを比べてそれぞれの大きさにあった傘に入れてあげましょう。
・数にチャレンジ …5対3で多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

ご存じ「わたしのワンピース」の作者、にしまきかやこのイラストで、素朴であたたかみのある絵が特徴のこの絵本。内容はウクライナ民話「てぶくろ」のストーリーのようでもあります。雨にぬれた動物たちが、次々に女の子のきいろいかさに集まってくるのです。雨の音も「ざあざあ ざざざ」「ぽちん ぽち ぽち」「ぱんぱら ぱぱら」などリズム感のある擬音をたくさん取り入れ表現されています。絵本を読んだあと、雨の日が楽しみになるのではないでしょうか。梅雨の季節はうっとうしく、憂鬱になりがちですが、是非お子さんと一緒に雨の音を聞いてみたり、葉っぱに落ちたしずくをながめてみたりと自然を楽しむ機会をつくってみてください。

今週の絵本

「ちいさな きいろい かさ」
金の星社

にしまきかやこ/イラスト
もりひさし/シナリオ

第9回:ちいさな くも

2歳児(きらきら) 6月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…1番大きい動物を大きな○で囲みましょう。1番小さい動物を小さな○で囲みましょう。
・活動2:P2…りんごシールをたくさんカバの口の中に貼りましょう。
・数チャレ: …動物の数を数えて同じ数のおはじきをとり、1つずつ動物さんにあげましょう。

おうちの方へ

1966年発刊で長い間読み継がれてきた絵本です。ストーリーは動物園でのカバの1日を描いたシンプルなものですが、何といってもコトバが簡潔で、耳と心に残り大変魅力的、またこの絵本の大きな特徴が、視点が動物園に住むかばくん側からになっているところ。動物園が開園し、子どもたちがぞろぞろとやってくる様子を「きたきたきたきた きたきたきたきた」というシンプルなコトバで表現し、それと共にいろいろな履物を履いた子どもたちの足が描かれているのです。下駄を履いている子どもがいるあたりは歴史を感じますね。

今週の絵本

「ちいさな くも」
偕成社

エリック・カール/作
もりひさし/訳