東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を培う―パレット保育園―
メニュー

きらきらクラス(2~3歳)

第19回:ゆかいな かえる

2歳児(きらきら) 10月期 第19回

学習タイム

・活動1:P1…カエルは何匹いますか。指でさしながら数えましょう。同じ数だけシールを取り、かえるに1つずつあげましょう。
・活動2:P2…池の中にカエルの卵を貼りましょう。
・数にチャレンジ:…<活動1>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

たくさんの卵の中からたくましく生き延びてきた4匹のカエルが、さまざまな敵に出会いながらもタイトルのように「ゆかいに」「たのしく」日常を過ごしていきます。卵からおたまじゃくしになり、カエルに成長する様子も描かれており、生き物の成長の様子も感じとることができます。また、活動の中では子ども達と楽しみながら卵を貼ったり、かえるの数を数えたりしました。1冊の絵本の中には、子ども達の興味の扉を開く題材がたくさん隠れています。是非、たくさんの絵本に出会い、読み聞かせを通して、子ども達の興味の扉をたくさん開いていきたいですね。

今週の絵本

「ゆかいな かえる」
福音館書店

ジュリエット・ケペシュ/文絵
いしいももこ/訳

20回:しきしきむらのあき

2歳児(きらきら) 10月期 第20回

学習タイム

・活動1:  …秋色の紙帯をはさみで切り、秋色の葉っぱをたくさん作りましょう。
・活動2:  …はさみで切った秋色の葉っぱを使って風船を作って遊びましょう。
・数にチャレンジ:…おはじき「3個」取って紙帯と交換しましょう。※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

みなさんは秋のものと聞いて、どんなものがいくつくらい思い浮かびますか?お子さんだけでなく、おうちの方もこの絵本を通して「こんなに秋のものがあったんだ」と感じられるかもしれません。日本は春夏秋冬素晴らしい四季があります。「秋」という季節を子どもたちと一緒に大人も是非体感してみて下さい。子どもの頃に戻った気持ちで落ち葉の上を靴で歩いてみたり、店頭に並ぶ秋の食材を五感で感じてみたり…。幼児期に親子で体感したことは何にも変えがたい経験の一つとなることでしょう。

今週の絵本

「しきしきむらのあき」
岩波書店

木坂涼/文
山村浩二/絵

第21回:ジオジオのかんむり

2歳児(きらきら) 10月期 第21回

学習タイム

・活動1:P1…ライオンのたてがみを描きましょう。最後に冠カードを頭の上に貼りましょう。
・活動2:P2…「4個」の卵をライオンの冠の中に「2個ずつ」分けましょう。
・数にチャレンジ:…<活動2>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

森の王さまのライオンが主人公のお話です。ジオジオはある日、卵を全部失ってしまった鳥と出会います。「誰かと話したい」「誰かのために何かしたい」と感じていたジオジオは自分の冠の上に卵を産むようにすすめます。そしてジオジオの強さと優しさのおかげで小さな鳥たちの命が守られます。小さな命を守ろうとするジオジオの様子を通じて、ジオジオの優しさや思いやりの心を感じ取り、自分のためだけに生きるのではなく、人のために何かをしようと思える事を少しでも感じることができたら…と思います。

今週の絵本

「ジオジオのかんむり」
福音館書店

岸田衿子/作
中谷千代子/絵