東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

きらきらクラス(2~3歳)

第10回:おほしさま

2歳児(きらきら) 7月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…6この☆のクッキーを仲良く分けっこ(3こずつ)しましょう。
・活動2:  …ばらばらのクッキーをぴったんこしましょう。2種のクッキーのパズルを合わせて四角いクッキーに戻しましょう
・数にチャレンジ …<活動1>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

どこまでも続く広大な夜空が、美しいブルーの色で絵本いっぱいに広がり、表紙の絵を見ただけで思わず手に取りたくなる1冊です。「おほしさま どんな あじが するのかな?」と、ページをめくるごとに想像力をかきたてられます。そして、絵本を読み終わる頃には「おほしさま たべてみたいなあ。」と全員が思うことでしょう。こぶたちゃんのように、親子でクッキー作りができると、楽しいですね。

今週の絵本

「おほしさま」
教育画劇

たちもとみちこ/作・絵

第11回:あかずきんちゃん

2歳児(きらきら) 7月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…カードを折ってお花を完成させてかごの中に貼りましょう。
・活動2:P2…あかずきんちゃんをおおかみから守って、いっぽん道とくねくね道の真ん中を通っておばあさんの家までつれて行ってあげましょう。
・数にチャレンジ …5対3どっちが多い?多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

グリム童話やイソップ物語は同じ物語でもたくさんの種類の絵本が出版されていますが、今週は挿絵がやわらかくこの年齢の子どもたちにわかりやすい言葉で表現されている、いもとようこさんの絵本を使用しました。「おばあちゃんのおみみ、どうしてそんなにおおきいの?」「それは、おまえのこえをよーくきくためさ!」という問答は大人になった今でも忘れずに記憶に残るほど印象的な一場面ですね。この場面はお子さんと一緒に劇風にフレーズを読み合うなど、声色を変えたり、声のトーンを変えたりしながら楽しんで読むと良いですね。

今週の絵本

「あかずきんちゃん」
金の星社 グリム

原作・いもとようこ/文・絵

第12回:うんちしたのはだれよ!

2歳児(きらきら) 7月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…ウサギのうんちはどちらですか。正しい方に○をつけましょう。
・活動2:P2…折り紙で「いぬ」のかおを折りましょう。
・数にチャレンジ …リンゴの数「3こ」を数えて(P2の)「いぬ」にあげましょう

おうちの方へ

子どもたちはなぜか「うんち」ということばが大好き。「うんち」と言うだけで笑っちゃいます。生き物はみんな食べるから「うんち」が出ます。その形や色もさまざま。排泄は大切な生理現象。今週はそんな「うんち」を題材に、主人公のモグラくんが頭に落とされたうんちの犯人を捜して次々に動物たちに出会う…そんなお話です。ハトのうんちは「ピシャッ!」、ウマのうんちは「ボトン ボトン!」、動物たちのうんちの形はもちろんですが、そんな擬態語も面白い1冊です。うんちの他にも動物の足やしっぽの形など、それぞれの動物の特徴についても学習していきます。是非動物たちの身体の部分にも着目して、興味関心が広がってくれたら良いと思います。

今週の絵本

「うんちしたのはだれよ!」
偕成社

ヴェルナー・ホルツヴァルト/文
ヴォルフ・エールブルッフ/絵
関口裕昭/訳