東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

きらきらクラス(2~3歳)

第31回:いちくん にいくん さんちゃん

2歳児(きらきら) 2月期 第1回

学習タイム

・活動1: P1…先生のお話を聞いて、いちくん・にいくん・さんちゃんの船を描きましょう。(〇△□形を意識して力強く描く)
・活動2:P2…大きなきんめだいの色がなくなっちゃった。赤いクレヨンでごしごし色を塗ってあげましょう。
・数にチャレンジ …お皿のおはじきを数えて(4こ)お腹空かせたおともだちにあげましょう。

おうちの方へ

このお話は、ネコの3兄弟が、釣りにでかける様子を描いたシンプルなストーリですが、ことばがリズミカルで子どもに伝わりやすくこの年齢にぴったりのお話です。今回は、お話に登場した「船の形の家」の〇△□の線をなぞる様に描きました。「まるい窓が1・2・3こ」「おおきなお家はしかく」「とんがりお屋根はさんかく」と絵本と同様リズミカルに楽しく描きました。何もない真っ白な画用紙に自由に描くことも楽しいですが、まだちょっと気が引けるもの。この時期はあらかじめ少しだけ絵を描いておき(例えば、お弁当箱を描いておく、大きなお皿を描いておくなど)その絵の中におにぎりや卵焼き、ぐるぐるスパゲッティなどを描くのも楽しい活動になります。

今週の絵本

「いちくん にいくん さんちゃん」
復刊ドットコム

なかがわりえこ/文
やまわきゆりこ/絵

第32回:ぼくは あるいた まっすぐ まっすぐ

2歳児(きらきら) 2月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…男の子が通った道を思い出しておばあちゃんのお家まで行ってみましょう。
・数にチャレンジ …おばあちゃんの家に向かう途中見つけた花・いちご・はちの数をかぞえましょう。※活動1の中で実施します。

おうちの方へ

主人公の男の子は3~4歳くらいでしょうか。1人でおばあちゃんの家まで行くなんて…まだまだ無理。そう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。さすがにこの絵本のように知らない道を1人で歩かせるのは難しいですが、この年齢に芽生え始める「冒険心」「探検心」は大切にしてあげたいものです。「まだ1人では無理」と静止ばかりしないで「できるところまで挑戦させる(お出かけに限りません)」ことを是非実行してみてください。必ずそれが「自信」となり、我が子の大きな成長につながるはずです。

今週の絵本

「ぼくは あるいた まっすぐ まっすぐ」
ペンギン社

マーガレット・ワイズ・ブラウン、坪井郁美/文
林明子/絵

第33回:ぼうし

2歳児(きらきら) 2月期 第3回

学習タイム

・活動1:   …自分だけの素敵な帽子を作ってみましょう。
・活動2:   …素敵な帽子を被ってインタビューに答えましょう。
・数にチャレンジ  …お皿の中のおはじきはいくつありますか?「4こ」を数えてカードをシールと交換しましょう。 ※<活動1>の中で実施します。

おうちの方へ

「青い帽子がやってくる。誰が被っているのかな?」と考えさせながら、帽子を被って登場する動物たちのかわいいしぐさやそれぞれの身体に合わせたちょっと変わった帽子の形に見る人の想像は膨らみ、思わずページをめくるのが楽しくなるお話です。2歳の子どもにも分かりやすい語りと表現構成は、ぜひこの時期親子で「誰だと思う?」と考えながら一緒に楽しんで欲しい1冊です。

今週の絵本

「ぼうし」
偕成社

中川ひろたか/文
荒井良二/絵