東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

きらきらクラス(2~3歳)

第16回:おつきさま でたよ

2歳児(きらきら) 9月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1  …欠けてしまったお月さまをぴったんこしてプリントの○のところに貼りましょう。
・活動2:P2  …お月見だんごを「3こ」取り一人に一つずつ仲良く分けましょう。
・数にチャレンジ   …<活動2>を数にチャレンジとします。

おうちの方へ

「おつきさまでたよ」は「お月見」の行事を取り上げた1冊です。ご家庭ではこのような行事をどのように楽しんでいらっしゃいますか?1年に1度の様々な行事を通して季節を味わい、昔の人の思いを感じ、日本の文化や知識を知ることは私たちの生活を豊かなものにしてくれます。特に幼児期に経験した行事の思い出は深く心に刻まれ、自分が親になった時にも同じように子どもたちに言い伝えていくことと思います。お月見だんごを作る・ススキを探してきて飾る・夜にお月さまを見てどんな風に見えるかお話しする…家族の絆を深めながら是非楽しんでみて下さい。

今週の絵本

「おつきさま でたよ」
あかね書房

寺村輝夫/作
いもとようこ/絵

第17回:ロージーのさんぽ

2歳児(きらきら) 9月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…折り紙を△に折ってわらの山にしてきつねさんにかぶせ、ロージーを守ってあげましょう。
・活動2:P2…道からはみ出さないように気をつけて、ロージーをおうちまで帰してあげましょう。
・数にチャレンジ …おはじきを3個取って折り紙と交換しましょう。
※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

文はとても短く簡潔ですが、「へいのすきまをするり」、「おにわをすたこら」、「おいけのまわりをぐるり」という場面とロージーの動きのコトバが絶妙に読み手に伝わってきます。また、ロージーの淡々と散歩する姿に対し、それを追うキツネの信じられないようなハプニングの連続、その対比が大変面白い絵本です。ストーリーを聞かせることが絵本の読み聞かせと考えてしまいがちですが、この絵本は、絵とコトバ両方で子どもたちを引きつける魅力があります。是非1ページ1ページゆっくりと絵を見ながら、おうちの方も一緒に楽しんでみて下さい。

今週の絵本

「ロージーのさんぽ」
偕成社

パット・ハッチンス/作
わたなべしげお/訳

第18回:だるまちゃんとてんぐちゃん

2歳児(きらきら) 9月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1 …てんぐちゃんが履いていたのはどれですか、シールを貼りましょう。
・活動2:P2 …大・中・小のだるまに合う目を貼りましょう。
・数にチャレンジ  …だるまの数を数えましょう。
※<活動2>の中で実施します。

おうちの方へ

だるまちゃんもてんぐちゃんも身近にはいませんが、この2人(?)の掛け合いがとてもユニークで愛らしい表情と会話が子どもらしいのです。この本では「くつ」や「うちわ」と言ってもたくさんの種類があるんだということに気づかされ、びっくりします。またてんぐちゃんの持っているものを探しながら「同形発見」などでも楽しめます。長く親しまれているこの絵本の発行は1967年。加古里子さんの本は、絵がとても丁寧で、ストーリーがユニーク、必ず「おち」があります。そんな独特の世界観にひたりながら親子で一緒に楽しみながら見てほしい一冊です。

今週の絵本

「だるまちゃんとてんぐちゃん」
福音館書店

加古 里子/作・絵