東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

きらきらクラス(2~3歳)

第7回:ちょっとだけ

2歳児(きらきら) 6月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…折り紙をちぎってコップに貼り、美味しいジュースを作りましょう。
・活動2:  …台拭きでテーブルをきれいに拭きましょう。
・数にチャレンジ …5対3で多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

主人公なっちゃんの気持ちが痛いほどによくわかります。おうちの方にとっても、我が子と置き換えて考え、心打たれる1冊となるでしょう。目に見えない我慢をしている我が子の姿を少なからず感じるものがあるのではないでしょうか。子どもたちもいずれはこの状況を体験することかもしれません。本は自分の生活を照らし合わせることもできますし、また、違う世界を体験することもできます。この本を通して、日頃の子育ての様子について振返り考えてみるのもよいのではないでしょうか。子どもの成長時に相応しい1冊です。

今週の絵本

「ちょっとだけ」
福音館書店

瀧村有子/作
鈴木永子/絵

第8回:ちいさな きいろい かさ

2歳児(きらきら) 6月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…上の点から下の点までまっすぐな線でつないで、雨をたくさん書きましょう。
・活動2:P2…傘の大きさを比べてそれぞれの大きさにあった傘に入れてあげましょう。
・数にチャレンジ …5対3で多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

ご存じ「わたしのワンピース」の作者、にしまきかやこのイラストで、素朴であたたかみのある絵が特徴のこの絵本。内容はウクライナ民話「てぶくろ」のストーリーのようでもあります。雨にぬれた動物たちが、次々に女の子のきいろいかさに集まってくるのです。雨の音も「ざあざあ ざざざ」「ぽちん ぽち ぽち」「ぱんぱら ぱぱら」などリズム感のある擬音をたくさん取り入れ表現されています。絵本を読んだあと、雨の日が楽しみになるのではないでしょうか。梅雨の季節はうっとうしく、憂鬱になりがちですが、是非お子さんと一緒に雨の音を聞いてみたり、葉っぱに落ちたしずくをながめてみたりと自然を楽しむ機会をつくってみてください。

今週の絵本

「ちいさな きいろい かさ」
金の星社

にしまきかやこ/イラスト
もりひさし/シナリオ

第9回:ちいさな くも

2歳児(きらきら) 6月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…1番大きい動物を大きな○で囲みましょう。1番小さい動物を小さな○で囲みましょう。
・活動2:P2…りんごシールをたくさんカバの口の中に貼りましょう。
・数チャレ: …動物の数を数えて同じ数のおはじきをとり、1つずつ動物さんにあげましょう。

おうちの方へ

1966年発刊で長い間読み継がれてきた絵本です。ストーリーは動物園でのカバの1日を描いたシンプルなものですが、何といってもコトバが簡潔で、耳と心に残り大変魅力的、またこの絵本の大きな特徴が、視点が動物園に住むかばくん側からになっているところ。動物園が開園し、子どもたちがぞろぞろとやってくる様子を「きたきたきたきた きたきたきたきた」というシンプルなコトバで表現し、それと共にいろいろな履物を履いた子どもたちの足が描かれているのです。下駄を履いている子どもがいるあたりは歴史を感じますね。

今週の絵本

「ちいさな くも」
偕成社

エリック・カール/作
もりひさし/訳