東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園 感性を磨き、知性を育み、体力を養う―パレット保育園―
メニュー

保育理念

ひとりひとりに生きる力を!

子育ての中で、「生きる力」についてどんな印象、感想をお持ちですか?

たとえば、

「たくさん食べて、寝て笑って健康でいられる力」
「自分の考えを相手に伝えることができる力」
「仲間作りが上手にできる力」
「自発的に意欲を持って考えることができる力」
「自分のことはできるだけ自分でしようとする力」
「学習したことをしっかり記憶でき、またそれらを活用できる力」
「自分の感情をコントロールし、社会性を発揮し、自分の居場所を見つけることができる力」・・・・・・・・

いろいろな考え方、表現の仕方があると思います。

パレット保育園の保育指針の中にある「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5 領域の1つ1つの項目に適応・順応できる力ともいえるかもしれません。

上記のような「考える」「意欲的に行動する」「コミュニケーションができる」「記憶する」「自分の感情をコントロールする」「仲間作りができる」「自発性をもつ」・・・。
これは、「高度な精神機能」と言われています。これが高度?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、保育の中ではこれを、「高度な精神機能」というのは、極々当たり前の事なんです。

最近の脳科学研究によると、これら高度な精神機能を果たしているのが頭の前の部分―前頭葉だそうです。
ですから、この前頭葉の発達こそ人間が人間たる証。つまり、前頭葉を鍛えること、大事にすることが、「子育て」でもあるし「教育」につながるわけです。

パレット保育園では、子どもたち、ひとりひとりを「大きな家族」の一員として認め、役割を認識させ、愛情を持って育てます。また意欲的な生命力を発揮できるよう「自立と自律」の精神を大切に育て、「ひとりひとりに生きる力を!」を目標に子育てします。