東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園

高津園紹介

川崎市認可保育園  パレット保育園 高津

二子新地と高津駅の間、線路の高架下に高津園はあります。電車の音や振動を心配される事もありますが、日常の生活の中で気になる時はほとんどありません。かえって雨の日でも園庭に出られたり、夏の直射を遮ってくれる大きな屋根になっています。
高津_園庭2
子ども達も自由にのびのびと生活をしています。幼児クラスは多摩川までお散歩に行って土手を滑ったり電車に乗って少し遠くまで出掛けたりと毎日楽しい事がいっぱいです。乳児クラスは人工芝の柔らかい草の上を裸足で歩いたりいろいろな先生に抱っこをされたりして落ち着いて過ごしています。
高津園は”大きな家族”の関わり合いをとても大切にしている園です。
特徴的な取り組みの一つとして、曜日を決めた上で、夕方には子どもたちが幼児部屋ときら部屋を自由に行き来できる合同保育を実施しています。あれをしたい・これをしたいという要求をすぐに行動に移せる環境を通じて、自分の思いを素直に表現できる子どもを育んでいきたいです。
高津_園庭1
先生たちはクラスを超えてお互いに手助けをしあい、力を合わせて全員で保育をおこなっています。
また、スタッフ全員が、自分のクラスだけでなく全クラスの動きを意識して一体感を持って保育を行っています。事務所の入口に全クラスの週案を掲示しており、それをきっかけにして情報交換や相談をするなど、スタッフ同士の連携も自然と深まっています。休憩時間にも保育の話題も含めて、みんなで和気藹々と声を弾ませ、笑顔にあふれています。
スタッフが色々と試行錯誤している姿を見て大変な状況でも頑張っているなぁと感じますが、 “どうせやるならスタッフ自身がまず保育を楽しんでしてほしい”と思っています。

〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子2-13-5
TEL:044-829-0149

kengaku_bn2

お知らせ

空き状況
クラスごとの空き状況をご確認いただけます(4/1更新)

概要・費用
基準定員などの概要とパレット保育園に通園される場合の費用をご確認いただけます

第三者評価
「大きな家族の様に温かい雰囲気の中でのびのびとした園生活を送っています。」との評価をいただきました!

園書式
園で提出する書類が必要な場合にはこちらから

en_bn
園の自己評価をご確認いただけます
2016年度版(PDFファイル)
2015年度版(PDFファイル)
2014年度版(PDFファイル)

施設長からひとこと

園全体が「大きな家族」のように、スタッフ全員が子ども達一人一人を丁寧に見守る保育を心がけています。
嬉しい時、悲しい時、子ども達の様々な喜怒哀楽を共有することで安心して自らを素直に表現できる。ありのままで生活できる。
そんな子ども達の成長を願って、優しく寄り添い支えていきたいと考えています。
武岡ハム先生
施設長:武岡 ハム先生

園生活の様子

高津園では季節を通じてさまざまな活動を行っています。

(4/11更新)

takatsu1 いよいよ卒園式が始まりました。卒園児入場!
takatsu2 園長先生より卒園証書授与。保護者様にも感謝状をお渡しいたしました。
takatsu3 新ぐんぐんクラスへ「勇気の石」の引き継ぎです!
takatsu4 わくわくさんから大切に育てたチューリップの鉢植えの贈呈です!
takatsu5 13人のお子様が巣立っていきました!

部屋を自由に行き来できる合同保育

プラレール、おままごと、衣装、パズル、絵本、ブロックなど、幼児部屋・きら部屋を行き来しながら、子どもたちが主体的に遊びを展開します。廊下にもスタッフを配置して、子どもたちを細かく見守りながら対応します。
年齢という垣根を飛び越えてみんな遊びに夢中です。幼児さんが乳児さんを誘導する素敵な光景も!
高津_合同保育1高津_合同保育2

給食

清潔・衛生面を徹底しているだけでなく、物の配置や段取りなどにも工夫を凝らしています。
12月の食育:クリスマスクッキー 幼児さんがスノーボールを作りました!
高津_給食

高津園のフロアガイド

高津_フロアマップ

マンドリン演奏

普段あまり目にすることのない楽器に直に触れるというのは、子どもたちの感性を刺激する最良の方法の一つだと私も感じます。
子どもは年齢問わず、無条件に音楽が好きです。例えば、マンドリンをぽこクラスの部屋で弾いた際、あっという間に子どもたちは眠りについてしまいました。色々な音を耳にする中でも、不快な音と心地よい音は区別しているのだと思います。そうした音の聴き分けは、後の話す力にも繋がっていくと考えています。
高津_マンドリン演奏
それに加えて、楽器に直に触れると「楽器は玩具とは違う」ということを理解する一助となります。楽器は様々な音色を出す魅力的な物であると同時に、大切に扱わないといい音色を奏でることはできず壊れてしまう物だということを、子どもたち自身で気づくことができるからです。マンドリンでは弦を指でぴんっとはじくくらいしかできないとは思いますが、鈴やトライアングル、ハンドベルなど、子どもたちが実際に「大切な楽器」としてそれらを手に取った瞬間に生まれる集中力には、いつも感心させられています。

空き状況

平成 29年 4月 1日現在の空き状況
・すやすやクラス 0名
・ぽこぽこクラス 0名takatsu4-1
・すくすくクラス 0名
・きらきらクラス 0名
・のびのびクラス 0名
・わくわくクラス 0名
・ぐんぐんクラス 0名
※日々変化している場合があります。必ずお問い合わせ下さい。

PAGETOP
Copyright © 株式会社理究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.