東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園

MENU

わくわくクラス(4~5歳)

第34回:ねぇ、どれが いい?

この週の絵本

この絵本はさまざまな質問の中から、自分ならどれがいいかを考えて答えを選ぶ対話式の絵本です。質問の内容は何とも言えずユニークで奇想天外なものばかり。たとえば、「ねぇ、どれがいい? ヘビに巻かれるのと、サカナに飲まれるのと、ワニに食べられるのと、サイの下じきと。」どれもこれも嫌だけど、どうしよう…。こうやって迷う間に子どもたちの頭の中で空想力が広がります。発想豊かな子どもたちは、きっと「サカナに飲まれるのがいい!だって海を探検できるから」「ヘビに巻かれるのがいいな! ヘビの体はつるつるだから、きっとするっと抜けられるよ。」等々、イマジネーションを働かせてくれることでしょう。この絵本は1度だけでなく、何度も繰り返し読み、子どもたちと会話を楽しんでいただきたいと思います。「どれがいい?」「これがいい」「どうしてそれがいいの?」「だって○○だから」
こんな会話を楽しむことで、自分の考えを人に伝える「コトバの力」も自然と備わってくるでしょう。

「ねえ、どれが いい?」 評論社
ジョン・バーニンガム / 作
まつかわ まゆみ / 訳

学習タイム

・活動1:  …「どれがいい?」絵を見て1つ選び、なぜそれがいいのかお話ししましょう。
・活動2:  …「どれがいい?」絵を見て1つ選び、なぜそれがいいのかお話ししましょう。また、反対に1番嫌なものを選び、なぜそれが1番嫌なのかお話ししましょう。
・活動3:P1…好きな夢が見られるとしたら、あなたはどんな夢を見たいですか。想像して絵を描きましょう。

(3月1回目)

第35回:たまごのなかにいるのはだあれ?

この週の絵本

今週の絵本は、ミア ポサダ・作/ふじた ちえ・訳の自然科学絵本「たまごのなかにいるのはだあれ?」です。表紙に描いてあるまんまるの卵。ふさふさのはね毛にちょっととがって鋭そうな足…これは何の卵だろう…と、ページを開く前から想像力をかき立てられます。
この絵本では、まず卵の様子が描かれており、「たまごのなかにいるのはだあれ?」と問いかけています。子どもに読んであげる時は、すぐにページをめくらずに、「何の卵だろう」「海が見えるから砂浜に卵を産んでいるのかな?」など、想像力をふくらませてページをめくりましょう。ページをめくると、かわいい赤ちゃんが描かれていて、動物の生態が簡単に説明されています。この絵本ではペンギン・ワニ・カモ・ウミガメ・クモ・タコの6種類の動物を紹介していますが、どの生き物の卵も産む場所もさまざまで、興味深いですね。また、巻末には6種の実際の卵の大きさ比べやマガモの卵の成長の様子が記されたページもあり、さらに興味をかき立てられます。他にも卵から産まれる生き物を探してみるなど、ご家庭でもこの絵本をきっかけに、生き物の生態への興味を広げられたらと思います。

「たまごのなかにいるのはだあれ?」 福音館書店
ミア ポサダ / 作
ふじた ちえ / 訳

学習タイム

・活動1:  …卵の制作をしましょう。次の手順で上下に動く卵を作りましょう。
①卵の台紙に好きな色で塗ったり模様を描いたりする。
②描かれた線にそってハサミで切り、下の部分を両面テープでとめる。
③穴に割り鋲を通し、両側に開いてとめ、卵の上の部分が上下に動かせるようにする。
④生き物カードを卵に入れる。
・活動2:  …作った卵を動かしながらみんなで歌遊びをしましょう。
・活動3:  …しぜん博士カード(生き物編)や動物図鑑などを見て、生き物がどんな卵から産まれるのかお話ししましょう。

(3月2回目)

第36回:わんぱくだんのたからじま

この週の絵本

今週の絵本は、わんぱくだんシリーズの中の1冊「わんぱくだんのたからじま」です。この絵本は、4~5歳の子どもたちに大変人気のあるシリーズの中の1冊です。ビー玉の魔法の力で、子どもたちが海賊になり、海賊船で海を渡り、怪獣と戦います。無人島でのジャングル探検など、お話の中に出てくるものすべてが冒険心にあふれ、ドキドキワクワクの連続です。お話を読んで、子どもたちの心の中が冒険心でいっぱいになったところで、「たからじまにたどりつけるようなかっこいい船」を描いたり「まほうのビー玉」をイメージしてたくさんの色を混ぜて素敵なビー玉を描いたりします。
「わんぱくだん」シリーズは、他にも出版されているので、お子さんの興味に応じてご家庭でも読んであげてください。

「わんぱくだんのたからじま」 ひさかたチャイルド
ゆきの ゆみこ・上野 与志 / 作
末崎 茂樹 / 絵

学習タイム

・活動1:P1…たからじまにたどりつけるような、かっこいい船を描きましょう。
・活動2:P2…いろいろな色を混ぜて魔法のビー玉を描きましょう。
・活動3:P3…上の見本のように子どもたちが白い矢印から入って全部のマス目を通って黒い矢印から出られるように線を引きましょう。ただし、怪獣のいるマス目は通れません。同じマス目は1度しか通れません。また、進めるのは縦か横で、斜めには進めません。

(3月3回目)

PAGETOP
Copyright © 株式会社理究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.