東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園

MENU

わくわくクラス(4~5歳)

第1回:11ぴきのねこ

4歳児(わくわく) 4月期 第1回

学習タイム

・活動1:  …なぜ夜の間に魚が骨になってしまったのだと思いますか。自分の考えをみんなにお話ししましょう。
・活動2:魚に色を塗り、クリッップをつけて魚釣りをしましょう。
釣竿(紐)を持ち帰るのでお家でも魚釣りをしましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は「11ぴきのねこ」です。11匹ののらねこたちが力を合わせ てさまざなまな困難を乗り越え、怪物の魚をつかまえる冒険物語です。ページをめくるたびに場面がかわり、子どもたちを最後までハラハラドキドキさせ飽きる ことがありません。つかまえた大きな魚を食べないという約束を破り、ねこたち全員がおなかいっぱいに食べてタヌキのおなかになっている場面がとても楽し く、何度も繰り返し読みたくなりますね。あえてむしゃむしゃと魚を食べているシーンが描かれていないことで、子どもたちの想像力をかきたてます。
今回の授業では絵のないページを想像し、自分の感じたことをコトバでお話する活動を取り入れました。「11ぴきのねこ」シリーズは大変好評で、他にも何冊 か出版されています。子どもたちが絵本好きになる最大のきっかけは「面白い!」「また読みたい!」と思える絵本と出会うことです。そういった意味では、こ の「11ぴきのねこ」シリーズは大変おすすめの絵本です。

今週の絵本

「11ぴきのねこ」
           こぐま社

馬場 のぼる / 作・絵

第2回:おまたせクッキー

4歳児(わくわく) 4月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1~3…クッキー(シール)をお皿に同じ数ずつ分けましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、「おまたせクッキー」です。「ロージーのおさんぽ」や「ティッチ」でお馴染みのパット・ハッチンスの作品です。おやつに12枚のクッキーを仲良く2人で分けて食べようとしたきょうだい。6枚ずつ食べられるはずが、思わぬ友だちの訪問で4人で分けることに…。そのあとも次々に友だちがやってきて、6人で2枚ずつ…とうとう1人1枚ずつになってしまいます。そしてまた「ピンポーン♪」ドキドキハラハラしながらもドアを開けるとそこにはクッキーをたくさん持ったおばあちゃんが…。今日の活動の中でもたくさんの分けっこ行いました。ご家庭でも、ぜひ身の回りのものを使ってさまざまな「分けっこ」を楽しんでみてください。

今週の絵本

「おまたせクッキー」
           偕成社

パット・ハッチンス / 作

乾 侑美子 / 訳

第3回:ぞうのエルマー

4歳児(わくわく) 4月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…エルマーはどんなゾウですか。ストーリーを思い出してエルマーの特徴をお話ししましょう。
・活動2:P2…同じ動物同士を鉛筆でまっすぐな線を書いて結びましょう。
・活動3:P3…ゾウにいろいろな模様を描きましょう。(お話に出てきた「エルマーの日」のゾウを思い出して好きな模様を描く。)描けたら1人ずつ前に出て、どんな模様を描いたか発表しましょう。

おうちの方へ

今 週の絵本はイギリスの作家デビッド・マッキーの作品「ぞうのエルマー」です。この絵本は、世界20カ国以上で出版され、世界中の子どもたちに愛されている 人気の絵本です。主人公のエルマーは赤や黄色、白やピンクなどさまざまな色がパッチワークのようになったカラフルな体をしています。そして、性格も明るく いつもまわりの動物たちを楽しませるジャングルの人気者。仲間たちはみんなエルマーのことが大好きです。でも、そんなエルマーも自分だけまわりと体の色が 違うことに悩み、何とか工夫をこらして同じになろうと試みます…。でも、たくさんの仲間に囲まれて過ごす中で、エルマーの底抜けに明るい性格が「みんなと 違う」ことを悩むのではなく、「みんなと違う」ことをお祝いするパレードへと発展していきます。
カラフルに彩られたたくさんのゾウたちの楽しそうな場面でお話が締めくくられ、何とも温かい気持ちになる素敵なお話です。

今週の絵本

「ぞうのエルマー」
           BL出版

デビッド・マッキー / 作・絵

きたむら さとし  / 訳

PAGETOP
Copyright © 株式会社理究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.