東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園

MENU

ぽこぽこクラス(0~1歳)

第29回:なーんだ なんだ

この週の絵本

今週の絵本は、カズコ G・ストーン作の「なーんだ なんだ」です。「なーんだ♪ なんだ♪」のリズムに乗り、パンダが徐々に姿を現す変化に興味を持ちます。最後には「赤ちゃんパンダ」も登場して、子どもたちは大喜びです。単純なストーリーですが、子どもたちは絵を見ながら、何が出てくるかな? と、推理力を働かせます。耳、目、鼻と次から次へと見るものが増えてきて、やっぱり思った通りだったと、にっこりします。読み方にリズムをつけるなど、ちょっとした工夫で楽しみ方が2倍にも3倍にも膨らんできます。そんな方法で本が大好きな子どもに育ててください。

「なーんだ なんだ」 童心社
カズコ G・ストーン  / 作

学習タイム

・活動1:P1…パンダさんの目をつけてあげましょう。
・活動2:P2…迷子になった赤ちゃんパンダをお母さんに抱っこさせてあげましょう。
・活動3:P3…大きい方はどちらでしょう。

(1月1回目)

第30回:ふみきりカンカンなにがくる?

この週の絵本

今週の絵本は西片 拓史 作・絵の「ふみきりカンカンなにがくる?」です。ふみきりのカンカンと流れる擬音。小さな子どもは擬音を聞くと自然と自分の身体を揺らし始めます。表情がにこにこ顔になり魅力的な音とともに、電車が通るかと心をわくわくさせています。ところが電車ではないものが沢山走ってきます。どれもおうちで見たことのあるものが音とともにふみきりを通過します。子どもの表情は一瞬不思議そうになります。何が通過しても楽しくなる年齢で、リズムにのります。お引越しの道具によって通り過ぎるときの音が毎回違います。音とユニークな表現の豊かさに微笑んでしまいます。

「ふみきりカンカンなにがくる?」 岩崎書店
西片 拓史 / 作・絵

学習タイム

・活動1:  …「がったん ごっとん」と言いながら、リズムに合わせ、クマさんカードを動かしましょう。
・活動2:P1…線路の上にクマカードを貼りましょう。

(1月2回目)

PAGETOP
Copyright © 株式会社理究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.