東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園

のびのびクラス(3~4歳)

第7回:はっぱのおうち

3歳児(のびのび) 6月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…上の絵と下の絵を見て、同じ音で始まる絵を線で結びましょう。
・活動3:P2…折り紙をちぎって、はっぱのお家を作りましょう。ちぎった折り紙をのりでプリントに貼りましょう。
・数にチャレンジ …5:4で多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、「はっぱのおうち」です。
絵を描いたのは、「はじめてのおつかい」や「おふろだいすき」でもお馴染みの林明子さんです。「はっぱのおうち」は、子どもの視点でしか感じられない、小さな世界が描かれているところが印象的です。雨の音、はっぱの影でがさごそする虫の音、女の子が虫たちに語りかける温かみのあるコトバ、虫たちの表情…。どれもが魅力的で1ページずつゆっくりめくって楽しみたい1冊です。最後の「ほんとのおうちへかえろう。みんなかえろう。おかあさんがまってるもん。」というコトバで、女の子が目を輝かせて「はっぱのおうち」での出来事をお母さんに話す様子が目に浮かびます。ぜひ、ご家庭でも忙しい手を少し止めて、お子さんの話を聞いてあげてみませんか。

今週の絵本

「はっぱのおうち」
福音館書店

征矢 清 / 作
林 明子 / 絵

第8回:あなたのいえ わたしのいえ

3歳児(のびのび) 6月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…点と点をつないで家の屋根を描きましょう。クレヨンで屋根に色を塗りましょう。
・活動2:  …お家プリントにドアカードを貼りましょう。
・活動3:P2・3…三角プレートを使ってお家を作りましょう。
・数にチャレンジ …5:4で多い方を指さしましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、「あなたのいえ わたしのいえ」です。
「あなたのいえ わたしのいえ」は、「だるまちゃんとてんぐちゃん」などでおなじみの加古里子(かこさとし)さんの絵本です。1969年に発行されてから長年親しまれている絵本で、絵の表現もやわらかく、とても温かみがあります。「どうして家があるの?」という内容からお話が始まり、ドアにも床にも屋根にもトイレにも、家の機能にはすべて意味があるということをわかりやすく説明しています。この絵本をきっかけに、「どうしてカーテンをつけるの?」「どうして鍵があるの?」など、子どもたちの「なぜ?」の問いかけが増えるのではないでしょうか。お子さんが、「なぜ?」「どうして?」と質問してきたら、ぜひ家事の手をとめて、一緒に考えてあげてください。問いかけに答えてあげることで、ますます好奇心旺盛なお子さんに成長することでしょう。

今週の絵本

「あなたのいえ わたしのいえ」
福音館書店

加古 里子 / 文・絵

第9回:おたまじゃくしの101ちゃん

3歳児(のびのび) 6月期 第3回

学習タイム

・活動1:P1…オタマジャクシのお母さんはどれですか。合う絵を下から探して○をつけましょう。
・活動2:P2…「♪まるかいてちょん」のリズムに合わせてオタマジャクシをたくさん描きましょう。
・活動3:P3…どっちが多いですか。多いほうにシールを貼りましょう。
・数にチャレンシ: …シールを5枚の中から4枚取りましょう。

おうちの方へ

今週の絵本は、「おたまじゃくしの101ちゃん」です。
この絵本は、オタマジャクシの親子愛ときょうだい愛をたくさん感じる温かみのあるお話です。1~2歳の頃は物語(ストーリー)よりも、絵を楽しむことで、絵本の楽しさを感じていたと思います。3歳頃からは、絵を見て楽しむ世界から、物語を理解して楽しむ世界へ入る時期になってきたのではないでしょうか。今回の絵本は感情が移入しやすい内容なので、「お母さんカエルが死んでしまったのでは…。」と心配する場面では思わず涙が出てしまったり、「かわいそう!」という声があがったり、子どもによっていろいろな感じ方があると思います。物語の理解が深まるこの時期に、ぜひご家庭でも「親子愛」「きょうだい愛」をテーマにした絵本を積極的に読んでみてください。

今週の絵本

「おたまじゃくしの101ちゃん」
偕成社

加古 里子 / 作・絵

PAGETOP
Copyright © 株式会社理究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.