東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園

のびのびクラス(3~4歳)

第27回:まっくろネリノ

3歳児(のびのび) 12月期 第1回

学習タイム

・活動1:P1…ネリノとネリノの兄弟の色を思い出して塗りましょう。
・活動2:P2…ネリノから鳥かごの兄弟のところまで、壁にぶつからないように気をつけて迷路を進みましょう。
・活動3:P3…「つ」で始まる名前のものに○をつけましょう。
・数にチャレンジ …お皿の中のおはじきを「5個」にしてみましょう。あといくつで「5個」になる?

おうちの方へ

今週の絵本は、「まっくろネリノ」です。この絵本の見所は、何と言っても色彩の美しさです。背景の暗闇にネリノや兄弟たちのパステル調の色彩が映えます。素朴なお話ですが、ネリノの心情が手にとるように伝わり、何度も開いてみたくなる1冊です。1968年に「オーストリア子供の本最優秀賞」を受賞した作品で、世界中で愛されています。
毎週1冊ずつ読んできた絵本もこれで何冊目になったでしょうか。きっと1冊1冊が子どもたちの心に刻まれていることと思います。これからもたくさんの絵本と出会い、子どもたちの「コトバ」の世界を広げられたらと思います。

今週の絵本

「まっくろネリノ」
偕成社

ヘルガ・ガルラー / 作
やがわ すみこ  / 訳

第28回:いろいろ1ねん

3歳児(のびのび) 12月期 第2回

学習タイム

・活動1:P1…カードを線の通りに切り、ウッディの木を完成させましょう。
・活動2:P2…どちらの部屋の花が多いですか。
ぱっと見て多い方の部屋に○をつけましょう。
・数にチャレンジ …お皿の中のおはじきを「5個」にしてみましょう。あといくつで「5個」になる?

おうちの方へ

今週の絵本は、「いろいろ1ねん」です。
このお話は、「あおくんときいろちゃん」や「スイミー」などでお馴染みのレオ・レオーニの作品です。1999年に亡くなったあとに日本で翻訳されて2000年に発刊された比較的新しい絵本です。
1本の木と双子の子ネズミがともに過ごす1年間を描いた絵本です。「季節によってまわりの様子は変わっても友情は変わらない」ということを感じることができ、読み終わったときに「友だちっていいな」と思わせてくれるお話です。日本にある四季という季節をこの絵本を通して感じ、あたり前のように立っている木も季節によって変化していることに着目できたらよいですね。

今週の絵本

「いろいろ1ねん」
あすなろ書房

レオ・レオーニ / 作
谷川 俊太郎  / 訳

PAGETOP
Copyright © 株式会社理究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.