東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園

MENU

きらきらクラス(2~3歳)

第29回:おもちのきもち

この週の絵本

今週の絵本は、「おもちのきもち」です。タイトル通りおもちがおもちの気持ちを話すストーリーです。ある日、鏡餅は他のおもちが食べられていく様子を見て、嫌になって逃げ出してしまいます。ところが逃げた先でおなかが空き、人間たちが美味しそうにおもちを食べていたのを思い出して自分を食べてみる事にします。
「フンゴフンゴうまい」「ゴックン。うーん しあわせ」「グルリン カポッ。おっ、これまたうまい」などなど、自分を自分で美味しそうに食べる様子が何とも言えずコミカルで、あっという間にお話に引き込まれてしまいます。
おもちの表情・ダイナミックな展開・擬音語をフルに使った楽しいコトバの表現…どれも魅力的で何度でも繰り返し読みたくなる1冊です。

「おもちのきもち」講談社
かがくい ひろし / 作・絵

学習タイム

・活動1:P1…「むにゅ~」「ぷくっ」「ぺった~ん」などおもちがふくれる様子を想像
しながら白いクレヨンでおもちをたくさん描きましょう。
・活動2:P2…あんこ味やきなこ味などいろいろな味のおもちに色を塗りましょう。
・活動3:  …折り紙をちぎって、おもちカードの両面テープをはがして貼りましょう。
おいしそうなおもちを作りましょう。できたら紙皿にのせましょう。

(1月1回目)

第30回:しりとりこあら

この週の絵本

今週のお話は「しりとりこあら」です。この時期はコトバや文字に興味が出始め、いろいろなものの名称に興味を持つ時期です。そんな時期にぴったりなのが、「しりとり遊び」です。いろいろなコトバをおぼえるのはもちろんですが、頭の中でコトバの最後につく音と最初につく音を意識するのですから思考力も高まります。特別な道具もいらず、少し空いた時間に(例えば、道を歩きながら、夕飯を作りながら)できる楽しいしりとり遊びを、是非お子さんと一緒に楽しんでください。

「しりとりこあら」岩崎書店
斉藤 洋 / 作
森田 みちよ / 絵

学習タイム

・活動1:P1…お話に出てきた動物の名前を順番に言いましょう。
・活動2:P2…空いているところにはどちらのカードが入るでしょう。しりとりで続く
カードを選んで貼りましょう。
・活動3:  …コアラの目と鼻のシールを貼りましょう。コアラの色を塗って仕上げまし
ょう。

(1月2回目)

PAGETOP
Copyright © 株式会社理究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.