東京・神奈川を中心に、子どもたちが家庭にいるのと同じように落ち着ける場所を提供しながら保護者の方と一緒に子育てをする保育園

MENU

ぐんぐんクラス(5~6歳)

第34回:ざっそうの名前

この週の絵本

今週の絵本は、長尾玲子・作の「ざっそうの名前」です。
この絵本の登場人物をはじめざっそう全部が細かに刺繍で表現されています。鮮やかで繊細な何とも言えない仄々とした温かな気持ちになります。絵本の中の刺繍の草花は薫りたってくるような気がします。
「ざっそうの名前」の情景と背景には五感を刺激する要素が多くあります。絵本では道ばたの畑や家の周りをまわって沢山の名前をおぼえていきます。幼稚園や保育園の送迎の間に道ばたに育つ草花を沢山見つけて観察してください。思いがけない子どもの一言が聞けるかもしれません。

「ざっそうの名前」 福音館書店
長尾 玲子 / 作

学習タイム

・活動1:P1…水道の脇にあるざっそうの名前を言いましょう。そして、指示された形と色で印をつけましょう。
・活動2:P2…おじいさんは何を水に浸けると言いましたか。その絵を紙いっぱいに描きましょう。
・活動3:P3…先生が言ったざっそうの名前の音の数を○で書きましょう。
①ツユクサ②カタバミ③ヒメジョオン④スズメノカタビラ

(3月1回目)

第35回:ろくべえまってろよ

この週の絵本

今週の絵本は、「兎の眼」で注目された灰谷健次郎さんのはじめての絵本です。この絵本は、あなに落ちたろくべえを助けようとする子どもたちの気持ちや会話にどんどんと引き込まれ、全員が登場人物の子どもになってしまいます。文章使いも日常の生活の様子が想像されるような臨場感のある用い方です。絵本を見ている子どもたちは、ろくべえを助けた時には「やったー」と自分のことのように大喜びです。人間同士のふれ合いの中で、ろくべえに「まってろよ」と呼びかける子どもたちの優しさが心に伝わります。私たちの気持ちを「ほかほか」させてくれる貴重な1冊です。

「ろくべえまってろよ」 文研出版
灰谷健次郎 / 作
長 新太  / 絵

学習タイム

・活動1:P1…①みつおくんが家から持ってきたものに指示された印をつけま しょう。
②小学生は何年生ですか。□の中にその数を書きましょう。
・活動2:P2…③みんなで相談して引っ張ってきた人は誰ですか。指示された印をつけましょう。
④ろくべえは何が好きですか。そのために家に帰って何と何を持ってきましたか。持ってきたものに指示された印をつけましょう。
・活動3:P3…⑤ろくべえは、どんな気持ちで穴の中にいると思いますか。あなたが思うろくべえの表情に指示された印をつけましょう。
⑥色で例えると、ろくべえの気持ちは何色だと思いますか。その色を□の中に塗りましょう。

(3月2回目)

第36回:いちねんせい

この週の絵本

今週の絵本は、「コトバの森」にふさわしい谷川俊太郎さんの「いちねんせい」を選びました。もうすぐ1年生。子どもたちは小学校への期待を胸に抱え、小学校ではどんなことをするのかな、と考えています。あんなことをやってみたい! など、頭の中で自分の姿を想像していることでしょう。この本は、詩を通して幅広い楽しさを伝えてくれます。それでいて、1年生らしい純粋な眼でまわりのことをしっかり観ています。あどけない姿が感情的に、楽しく豊かに表現されています。そして、この機会に是非、何でも書いてみる習慣を身につけ、表現力を磨いていきましょう。

「いちねんせい」 小学館
谷川 俊太郎 / 詩
和田  誠  / 絵

学習タイム

・活動1:P1…「なまえ」の詩のページの問題です。
①学校の庭の名前を教えてください。その名前のひらがなに○をつけましょう。
②鉄棒に触ると、どんな感じがしましたか。あてはまるコトバに○をつけましょう。
③ノートの後ろに何を書きましたか。あなたも名前を丁寧に書きましょう。
・活動2:P2…「わるくち」の詩のページの問題です。自分が言われたら「イヤだなぁ」と思うコトバに○をつけましょう。
・活動3:P3…「くんぽんわん」の詩のページの問題です。□の中にあてはまるコトバを書き入れましょう。

(3月3回目)

PAGETOP
Copyright © 株式会社理究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.